前記事はこちら

 

ホームシアターAVアンプと、スピーカー、プロジェクターがそろいました!!

試写会です!!

 

その前に、構成と配置をおさらい。

5.1chホームシアター構成 Pioneer

構成は以下の通り。

・5.1chホームシアター:Pioneer  HTP-S363 →商品探しはこちらの記事

・プロジェクター: BenQ MW632ST →商品探しはちらの記事

・その他機器(DVD/BRプレイヤー、TV、Nintendo Switch)

 

プロジェクターは天井吊りにしました。

5.1chホームシアター構成 BENQ

 

スピーカーも設置!

結構小さいスピーカーなのがちょっと心配。

スクリーンサイズは 4500mm×2700mm で約200インチ。

ひとりで塗れるもんシアタールーム5.1ch

 

 

それでは・・・上映開始したいと思います。

ついにきました、念願のこの瞬間!

 

スイッチオンッ!!

5.1chホームシアター5.1ch BENQ

 

BenQきたーーー!

スクリーンにきれいに収まった!!(設置場所、台形補正いろいろ調整しました)

5.1chホームシアター5.1ch BENQ

 

 

 

上映開始!

 

 

 

ドーン!!!!!

5.1chホームシアター5.1ch BENQ 試写会

 

観客(家族)からも歓声が!

5.1chホームシアター5.1ch BENQ試写会

 

でかい!!

5.1chホームシアター5.1ch BENQ試写会

 

とにかくでかい・・・。かなりの迫力です。

小さい映画館くらいはあるんではないか。

夜の写真ですが、映像はかなりきれいでした。発色も良いです。

(昼間は遮光カーテンなど対策は必要そう)

 

小ささを心配していた、

パイオニアのスピーカー(HTP-S363)も想像以上に良かった。

シャカシャカ感、音割れもなく、評価通りの高音質。

その小さい箱からどうやったらそんな音が出るのだろうか・・・。

 

5.1chもちゃんと体感できました。

音が四方八方から聞こえてきて、包み込まれている感じがあります。

風が左から右に流れるのも分かります。

 

ただ、微妙な設定は必要そうです。

スピーカーの距離、各スピーカーの音量などが設定ができます。

モードはいろいろ試してAdvanceのEx Stereoに落ち着く。

 

サブウーハーの重低音も、地鳴りを感じるほどパワーがあります。

(近所迷惑なので途中でちょっと音量下げました・・・)

 

パイオニアのホームシアター5.1chスピーカー(HTP-S363)レビュー

 

このAVアンプ(HTP-S363)、展示品でお手頃だったけどなかなか良かった。

ARCもちゃんと動いています。

接続機器の切り替えがボタン1つで簡単にできるのは、やっぱりかなり良いです。

 

 

続いて、Nintendo Switch。

さっそく4人対戦!!

パイオニアのホームシアター5.1chスピーカー(HTP-S363)レビュー

こちらもすごい。

ちょっとした大会のような迫力・・・。

 

スクリーンに包み込まれるような感覚があります。

ただ、地べたに座ってプレイするのは、見上げるような姿勢になるので首が疲れる・・・。

ヘッドレスト付きの椅子かソファが欲しい・・・。

 

プロジェクター(MW632ST)はフルハイビジョン対応ではない機種ですが、

こちらも今のところ問題なさそうです。

(比べたら分かるのかも?)

 

 

結論・・・

ホームシアターリアル5.1ch作って良かった!

 

しばらく楽しめそうです。

この金額であれば、投資する価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

さて、遊びはこれくらいにして、塗り壁を完成させねば!

つづく・・・

016/08/13

 

今回使用した機材はこちら

■BenQ WXGA 短焦点プロジェクター MW632ST

価格:¥67,000前後

画素数:1280×800、解像度:フルHD対応、台形補正機能あり(横補正なし)、

3200ルーメン、1.2倍の光学ズーム機能(短焦点レンズ)、HDMI対応

 

■Pioneer 5.1ch サラウンドシステム HTP-S363

価格¥37,000前後(現在は販売店情報なし)

 

サブウーハー一体型AVアンプ、ARC対応(3口)、光デジタル対応、

Bluetooth対応、5.1chスピーカー