「みんなの家ブログ検索」をリリースしました!家ブログをハウスメーカーと建築年を指定して横断検索できるサイトです

框(かまち)と桟(さん)の違いとは?

框(かまち)と桟(さん)の違いとは?

本当に家を建てるといろいろな専門用語に出くわします。前回「窓のサッシ」について書きましたが、今回はそこにも登場する「框」と「桟」について詳しく見ていきたいと思います。

目次

框と桟について

框の場所

「框(かまち)」の一番わかりやすい例は玄関框ですね。↑この部分です。辞書にはこのように書かれています。

かまち【×框】
1 窓や障子などの周囲の細長い枠。
2 床などの板の端部を隠すための化粧横木。上がり框・床框(とこがまち)・縁框(えんがまち)など。

weblio辞典

これに似た用語に「桟(さん)」があります。辞書には次のように書かれています。

さん【桟】
1 戸・障子などの骨組み。
2 板が反るのを防ぐために、打ちつけたり差し込んだりする横木。
3 土台や梯子(はしご)などに渡す横木。

weblio辞典

つまり、框は「縁(ふち)」や「枠」という意味で、桟は「横木」や「補強材」という意味で説明されています。これから「框で枠を構成し桟で框の間を補強する」という関係であることが分かります。こちらをイメージで確認してみたいと思います。

框と桟の構成パターン①

框と桟の違い図解その1

「框で枠を構成し桟で框の間を補強する」という関係からいくと、このように框で四方の枠を構成し、その間の骨組みが桟ということになります。ただ、これで話が終わればよかったのですが、ある時「上残、上框」なる専門用語が登場しました。それが次の図です。

框と桟の構成パターン②

框と桟の違い図解 上残 横桟 下桟 上框 下框 竪框

「框」には上框、縦框、下框があり、同じく「桟」にも上桟、縦桟、下桟、さらに横桟(中桟と呼ばれることもある)があることが分かりました。

面白いことに上框と上桟、下桟と下框は同じ場所を指しています。これはつまり「桟」は「框」より広い意味を持つということになります。框と桟は違う次元で定義されたということでしょうか。いずれにしても2パターンの使い方があるようです。これなら、いろんな説明で統一がされていないのもつじつまが合います。

「窓の桟を掃除する」の「桟」は「窓枠」を指している

窓の掃除をする時に、下のレール部分のことを「”窓のサン”」と呼ぶことがありますよね。「窓の”サン”」と言われると、なんとなく窓枠とかレールの部分をイメージしますが、これも「窓枠の桟」ということですね。

↑お掃除グッズにも「窓の桟」と書かれているものがありました。

ただ、辞書的には「枠=框」という定義になりますので、この理論だと「窓の桟」は「窓の框」になってしまいます。しかし、これもパターン②の説明ならつじつまが合います。

「枠=框」になるのは、骨組みや障子などを伴った「しっかりとした構造体の一部」の時に用いるのが適しているのでしょう。骨組やガラスがない不安定な枠だけの場合は「枠=桟」と呼ぶということですね。「窓の框を掃除する」だと意味も違ってきちゃいますもんね。日本語難しい。

窓本体(障子)の枠は框

サッシの仕組み図説
  • 額縁(ケーシング)
  • ②枠(窓枠、レール部分)
  • ③ガラス
  • ④框
  • ⑤部品(鍵部材等)

前回の窓のサッシの話でも出てきましたが、窓の④の部分は框と呼ばれています。これもガラスがはめこまれてしっかりした構造体の枠なので「框」ということで合致がいきます。

まとめ

建築の構造の専門用語は、そもそも複雑な上にローカルルールがあったり、説明書きによって呼び名が統一されていないケースもあり、これが初めての人にとってはなかなか分かりにくく感じる原因になっているように思います。こういう現状があるというのを理解しておけば設計士さんや大工さんとの話もよりスムーズになりますね。

参考になれば幸いです。それではまた。


この記事が良かったらいいね!いまいちだったらいまいちいだだけると幸いです。

ブログ村のランキングに反映され、管理人の原動力になっています。このブログのランキングは→こちら


  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる