家を建てる時はいろいろな専門用語が登場しますが、窓の断熱に関する専門用語もその一つです。今回は、窓の断熱と密接に関係のある、窓の材料である「サッシ」について詳しく調べたのでそちらをご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

窓の素材が家の断熱に大きな影響を与える

断熱について調べていると「窓は断熱に大きく影響を与えるので素材選びが重要」なんてことがよく書かれています。確かに、壁の断熱材はかなりの厚さがあるのに対して、窓はガラスの板で断熱する必要があるわけです。そこで、ペアガラス、トリプルガラス、ガス充填など様々な性能を持ったガラスが登場してきました。ただガラスだけではなくそれを支える枠の部分「サッシ」の素材も重要というわけです。

窓のサッシとは?

窓のサッシについて、Wikipediaにはこう書かれています。

サッシsash)とは、サッシュともいい、枠として用いる建材のことをいう。あるいは、窓枠を用いた建具であるサッシ窓そのものをサッシと呼ぶことも多い

「呼ぶことも多い」という書き方が気になりますが、2つの意味があるようですね。

  • サッシ①・・・窓枠の建材そのもの
  • サッシ②・・・窓そのもの

ただ、残念ながら「サッシ」がどこの部分か?については書かれていません。ガラスの周りの枠なのか、レール部分のことなのか、はたまたその回りの木枠の部分なのか?窓って枠だらけなんですよね。

スポンサーリンク

その前に、窓に関する用語を確認

「框」「障子」「桟」といった窓に関する専門用語・・・読めますか?現場でみんなの前で読めないとちょっと恥ずかしい思いをするかもしれません。というわけで、先に読み方のおさらいをしておきたいと思います。

  • 框・・・かまち
  • 障子・・・しょうじ
  • 桟・・・さん
  • 額縁・・・がくぶち

「障子」=「サッシ」ではないので要注意です。(え?わたしだけ?汗)

窓の構成について理解する

サッシを理解するためには、窓の構成の理解は必須となります。まずは「家側」と「窓本体」の二つに分けて見ていきたいと思います。

窓の構成

サッシの仕組み図説
窓の構造・構成・部品断面図

左の画像は窓全体の構成、右の画像は窓の断面図です。

■家側
① 額縁(ケーシング)
② 枠(窓枠、レール部分)
※②は正面からは見えない部分です

■窓本体
③ ガラス
④ 框(桟)
⑤ 部品(鍵やレバー等)
③+④ 障子

スポンサーリンク

日本を代表する大手サッシメーカーに聞いてみた

窓の構成は分かってきました。それでは、これのどこが「サッシ」なのか?日本を代表する大手サッシメーカー「YKK」と「リクシル」に詳しく聞いてみたいと思います!

YKK AP株式会社にサッシの定義について聞いてみた

YKKさんからはメールでご回答をいただきました。以下、引用させていただきます。

Q. サッシの定義を教えてください

弊社では窓枠部分(枠+障子、部品含む)をサッシと総称して呼ぶことが多いです。
ガラス等も込みで取り付ければ窓として機能する状態まで工場で完成させた商品を
窓と呼んでおります。

Q. 框④のことだけをサッシと呼ぶのは間違いでしょうか?

框よりかはサッシの方が枠全体を差す一般的に普及している単語になります。
ただ、専門で携われている方と日常使用している方では
言葉の捉え方が異なりますので、話す者同士が同じ認識で会話しているか
確認しながら、言葉を選んだ方がよろしいかと思われます。

Q.額縁は窓またはサッシには含まないという理解でよろしいでしょうか?

弊社においては、「サッシ」「窓」には額縁(木枠)は含まれないことが多いです。
会話中にどこまでを含んで使用しているのか確認しながら
ご相談していただければ幸いです。

まとめるとこんな感じ。

サッシの仕組み図説

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品
・窓 = サッシ + ③ガラス
※ただし、ガラスも含めてサッシと呼ぶ場合もある
※①額縁はサッシには含まない

株式会社LIXILにサッシの定義について聞いてみた

LIXILさんからはお電話でご回答をいただきました。とても感じの良い方で丁寧に詳しく教えてもらいました。内容的には、YKKとほぼ同じのため割愛しますが、LIXILの担当の方も現場で曖昧になっているということは認識されているようでした。

ちなみに、LIXILでは商品によって窓の框のことを「○○フレーム」とカタログに記載していることがあります。これについても聞いてみたのですが、「フレーム」は正式名称としては使っておらず、窓に詳しくない人にも分かりやすくするために使ったという回答でした。個人向けのカタログは、メーカーさんもいろいろと工夫しているということですね。(それが、混乱の元だったりもするので難しいところです・・・)

2大メーカーのサッシの定義をまとめると・・・

2大メーカーのサッシの定義は同じということが分かりました。まとめると↓以下になります。

サッシの仕組み図説
サッシの仕組み断面図
  • サッシ = ガラスをのぞく部材 ・・・  ②枠、④框、⑤部品(鍵部材等)
  • 窓 = 額縁を除く全体     ・・・ ③ガラス + サッシ
  • 障子 = 空間を遮るモノ    ・・・  ③ガラス + サッシ (④框のみ)
  • ①額縁は、窓にもサッシにも含まれない

サッシは、ガラスをのぞく枠、框、部品ということですね。また、窓は額縁は含まず、「サッシ」+「ガラス」ということも分かりました。これで、すっきり解決しました。リクシルさん、YKKさんありがとうございました!

スポンサーリンク

「サッシ」=「昔サッシメーカーが製造していた金属部品一式」?

「サッシがどこか?」という問題については解決しましたが、サッシの曖昧さの原因はどこからきたのでしょうか?その回答はサッシの歴史を見ると分かってきます。もともと日本で「サッシ」という言葉が使われ出したのは、窓枠に金属の部品が使われ出してきた頃といわれています。昔は、サッシメーカーはガラスを含まない部分のみを出荷しており、それに現場で職人さんがガラスをはめこんでいました。この時の名残が今も残っているものと考えられます。

今では、ペアガラス、トリプルガラス、ガス注入といった製品が登場し、サッシメーカーがガラスをはめこんだ製品を出荷するようになってきました。本来は、サッシにガラスをはめこむだものを「窓」と呼ぶのが正しいのですが、現場でガラスがはまっていようがいまいが、いちいち読み方を変えるのは煩わしいので「サッシ」と呼んだ方が都合が良いのも納得がいきます。この曖昧さこそが、サッシの曖昧さの原因なのではないでしょうか。

【おまけ】框と桟の違いについて

おまけで、框と桟の違いも分かりにくいのでまとめておきたいと思います。框は「縁(ふち)」や「枠」という意味で使われます。框の一番わかり易い例は玄関框ですね。

↓この部分です

框の場所

桟は「横木」や「補強材」という意味で使われます。つまり、框で縁を構成し、桟で框の間をつなぐというのが本来のイメージでしょうか。

こんなイメージです。

ーーーーー ←框

|   | ←桟、横木

ーーーーー ←框

ただ、いろいろなWEBサイトや、通販サイトを見てると、これらの呼び方がまた統一されていないと感じることがあります。全部まとめて「」と呼んだり、場合によっては全部「」と呼んだり・・・。こういったところから、構造の専門用語を正しく使わないローカルルールがありそうです。そのあたりも原因の一つになっているようにも感じます。

まとめ

サッシは、現在では本来の意味で使われることはほとんどなく、現代版にアレンジされて使われているということが分かりました。メーカー側も、現場でも曖昧さを理解していて、それを受け入れてうまくいってるなんてサッシは奥が深いですね。

0 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

https://myhomeblog.tiulabo.net/%e7%aa%93%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%93%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%88%86%ef%bc%9f%e7%aa%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%ab%e8%81%9e%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/