本屋で「ライトニング・ハウジング」というムック本をたまたま見つけ、掲載されている家がとてもかっこよくて、つい買ってしまいました。

スポンサーリンク

アメリカンな家にはカバードポーチ?

カリフォルニアスタイル?ハワイスタイル?アメリカンスタイル?
この表紙に載っている家の屋根の部分、「カバードポーチ」と呼ぶそうです。

この写真まさにですね。

木をふんだんに使った壁や床や天井。
普通なんだか、何故かおしゃれに見える窓。
屋外とつながる大きな掃出窓。
あかぬけた配色。
異国の世界だ~。

作ろうと思えば作れるはず?

規格住宅なら無理ですが、自由設計ならどんな家でも作れるはずですよね。
ということは、構造上、材料上不可能でなければ、イメージどおりの家が作れるんではなかろうか?

たしかに、設計士のデザインセンスは左右しそうです。
寄せることはできると思うんですけどね。

DIYでハーフビルドするという手もある。
ベースはハウスメーカーで安く作ってもらい、それを自分でDIYカスタマイズするという方法。
壁紙を漆喰にしたり、立板貼ったり、ウッドデッキ作ったり、自分でできることはいろいろありそう。
その場合は、DIYを想定して下地や構造を設計すると良さそうですよね。

建築会社が協力的だといいですが。

0 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

https://myhomeblog.tiulabo.net/%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%81%ab%e6%86%a7%e3%82%8c%e3%82%8b/trackback/