前記事はこちら。

 

前回に引き続き、間取りをExcelで作る方法についてまとめたいと思います!

 

※この記事は、シンプルな間取りを無料簡単にパソコンで作れる方法を探している方向けです。
 Excelの基本操作しか出てこないので、使いこなしてる方は読み飛ばしてください!

 

今回は、階段と矢印で導線を入れる方法を解説していきたいと思います。

 

1.階段の基本、直線階段を作る

階段といっても特別なことはなく、

今までご紹介してきた基本のExcel操作の応用です。

 

まずは、階段一段のパーツを作ります。

今回は、階段1段のサイズが「910mm × 230mm」、

段数が14段の階段を作成したいと思います。

 

「挿入」ー「図形」で長方形を選択します。

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

サイズも入れました。

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

枠線のサイズは0.25ptに変更しておきましょう。(詳細は基礎編を参照してください)

1段ができました。

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

これをコピーしていきます。

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

Shift+Ctrl+ドラッグで平行移動コピーが便利です。

微調整は、矢印キーで1ピクセルずつ移動すると良いと思います。

 

これを13個つくります。(14段目は2階の床なので不要)

ばらばらにならないように、グルーピングしておきましょう。

これで完成です。

 

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

 

2.屈折階段を作る

直線階段を応用して、回転のある階段を作りたいと思います。

折れ階段、屈折階段、折り返し階段などがこの応用で作成できます。

 

今回の完成イメージです。

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

まず、直線階段をコピーしましょう。

(直線階段は基本の図形として取っておくと後から便利です。)

 

その後、一番左の階段を1マスの大きさに変更します。

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

コーナーの階段を作成します。

「挿入」ー「図形」で直角三角形を挿入します。

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

この三角形も1マスの大きさに変更します。

枠線と色も先ほどと同じように合わせておきましょう。

 

この三角形を以下の図のように階段の上に重ねていきます。

三角形が後ろに行ってしまう場合は、右クリックで「最前面へ移動」すると前面にきます。

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

1段増えたので、一番右側の段を削除しましょう。

これで、完成です!

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

この方法を応用することで、いろいろな階段が作成できます。

Excel間取り図形の作り方ドアの作り方階段

 

3.矢印で導線を入れる

最後に導線の入れ方をご紹介します。

使う矢印も、図形の中に入っていますのでこちらを使用していきます。

 

直線の場合は「矢印」、屈折階段の場合は「カギ線矢印コネクタ」を挿入します。

Excel間取り図形の作り方矢印

 

下の図のように、矢印を1階から2階方向に伸ばしてみてください。

この時、Shiftを押しながら伸ばすと、直線になります。

Excel間取り図形の作り方矢印階段

 

なんで上にずらしているかというと、

直接、階段の上に引くと勝手に線と階段が連結されてしまって、

微妙に直線じゃなくなってしまうためです。

 

屈折階段の場合は、以下の図のように先に終端を連結させておきます。

その後、黄色の◇を左にドラッグして、直角にすると完成です。

Excel間取り図形の作り方矢印階段

 

これを応用したのがこちらです。

一回つくっておけば便利です。

グルーピングしておけば、回転も可能です。

Excel間取り図形の作り方矢印階段

 

 

4.おまけ♪階段に省略線を入れる

間取りでは階段は途中で省略されていることが多いですよね。

こういうのです。

Excel間取り図形の作り方矢印階段

 

これも、特別なことはないのですが、おまけで紹介しておきます。

 

まずは、階段の横に三角形を挿入して、合体させます。

あとは、省略したい段数を削除するだけ。

Excel間取り図形の作り方矢印階段

簡単ですね!

これに、導線と文字を入れればより本格的になります。

Excel間取り図形の作り方矢印階段

 

 

今回はここまで。

次回は(まだあるんかい!)・・・

次回こそは最終回です。

実際の間取りを仕上げてみたいと思います。

できたExcelファイルは無料で公開したいと思っています!→次の記事へ