実家に帰省中たまたまみつけた見学会の旗。

見ると地元工務店T。

なんとなくおしゃれな家で高いんだろうな~というイメージしかなかったので

今まで敬遠していましたが、暇だったのでいってみました。

 

着くと、お客さんがいます。

人気がある!?

ローコスト系の見学会って、なぜかいつも閑散としているんですがね・・・

タイミングの問題?

 

聞いてみると、平屋の1軒屋、31坪で本体価格1800万円。

ZERO CUBE 29坪1000万円をベースに考える私達にとっては

やっぱり手が届かない建築会社です。

 

しかし、県内の年間着工数150件とかで、

県内第2位。

みなさん、どんだけお金もってるんですかね~。

 

ひととおり見て回ります。

うーん、特に目新しい物はないかな~。

ローコスト住宅とそんなに変わらないな~という印象です。

 

で、私がこういう家で聞くことは決まっています。

「○マさん、○オさんと何が違うんですか?」

だいたい営業マンはしっかり答えられないんですが・・・

 

案の定、返ってきた答えは

・完全注文住宅

・C値が0.9で住宅性能表付きで、気密性が違います

・断熱材が違うので快適です

・漆喰壁が標準

・値段も結局一緒くらいですよ

 

なんだかな~。

これで、800万上がる理由がいまいちわからないっす。

確かに建具や壁材、窓などはお高いのを使っていました。

でも、水回りメーカやシリーズは似たようなものだし、

800万円の価値があるとは思えない・・・。

ローコスト住宅だって気密性、断熱材だって頑張っているし

細かい間取りだってできる。

 

ただ、この家の良かったところがあります。

デザインや建具がちょっと良かった・・・。でもちょっとです。

窓の位置だったり、間取りの面白さ、おしゃれな建具。

確かに、デザイン性はローコスト住宅では難しい側面があります。

そこは、ローコストかどうかもですが、

デザインに会社として力を入れているとか、

建築士のセンスやデザイナー有無によって左右されますね。

 

でも、性能やアフターが良いなんて住んでみないとわからないですよね~。

みんな、見学会だけで、それが比較できているんでしょうか。

 

高級な地元工務店が選ばれている理由って何なんでしょう。

大手に比べたら知名度や、安心感も劣る・・・

 

ローコストを選ばないのは、やっぱり高くても良い物を!

 

という考えなですかね~。

まさか、ローコスト住宅の存在を知らない??そんな、まさか・・・

でも、近くにあるからってのはあるのかも?

 

しかし、高いな~

 



関連コンテンツ