「みんなの家ブログ検索」をリリースしました!家ブログをハウスメーカーと建築年を指定して横断検索できるサイトです

地元工務店Tの見学会へ!高いけど県内2位の着工数

2ndステージ 分離発注で家を建てる!

実家に帰省中たまたまみつけた見学会の旗。
見ると地元工務店T。

なんとなくおしゃれな家で高いんだろうな~というイメージしかなかったので今まで敬遠していましたが、暇だったのでいってみました。

目次

本体価格1,800万円

会場に入ると、お客さんがいます。人気がある!?
ローコストハウス系の見学会ってだいたいいつも閑散としているのですが・・・

聞いてみると、平屋の1軒屋、31坪で本体価格1800万円。

ZERO CUBE 29坪1000万円をベースに考える私達にとってはやっぱり手が届かない建築会社です。
しかし、県内の年間着工数150件とかで、県内第2位。みなさん、どんだけお金もってるんですかね~。

ひととおり見て回ります。

うーん、特に目新しい物はないかな~。
ローコスト住宅とそんなに変わらないな~という印象です。

で、私がこういう家で聞くことは決まっています。

「タマさん、レオさんと違うところありますか?」

だいたい営業マンはしっかり答えられないんですが・・・案の定、返ってきた答えは

  • 完全注文住宅
  • C値が0.9で住宅性能表付きで、気密性が違います
  • 断熱材が違うので快適です
  • 漆喰壁が標準
  • 値段も結局一緒くらいですよ

なんだかな~。

これで、800万上がる理由がいまいちわからない。
確かに建具や壁材、窓などはお高いのを使っていました。
でも、水回りメーカやシリーズは似たようなものだし800万円の価値があるとは思えない・・・。

ローコスト住宅だって気密性、断熱材はありますし間取り変更だってできる。

デザインは良かった

強いて、この家の良かったポイントを上げるとしたら、デザインや建具がちょっと良かった・・・。
ってところでしょうか。
窓の位置だったり、間取りの面白さ、おしゃれな建具。
デザインに力を入れているとか、インテリアコーディネイターがいるのかな?

でも、性能やアフターが良いなんて住んでみないとわからないですよね~。
みんな、見学会だけで、それが比較できているんでしょうか。
高級な地元工務店が選ばれている理由って何なんでしょう。
大手に比べたら知名度や、安心感も劣る・・・
ローコストを選ばないのは、やっぱり高くても良い物を!という考えなですかね~。

まさか、ローコスト住宅の存在を知らない??そんな、まさか・・・でも、近くにあるからってのはあるのかも?
しかし、高いと思うんだけどな~


この記事が良かったらいいね!いまいちだったらいまいちいだだけると幸いです。

ブログ村のランキングに反映され、管理人の原動力になっています。このブログのランキングは→こちら


  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 家のコストの差ってわからないですよね。

    先月セキスイハイムの展示場にて、リユースハイムに申込ませんか?と言われ、申込しました。その後、昼食付のバスでの工場見学に1日。昼食付のバスでの現場見学に1日。そして、某、浦安のテーマパークのチケットを2枚頂きました。

    リユースハイムは外れました。当然、正規の値段のセキスイのおうちは買えませんので、セキスイさんはお断りしましたけどね。
    私の接待費は別のお客さんから徴収されるわけですね。

  • もりぞうさん>

    そうなんです!私もこの見学会で

    焼肉食べ放題見学会ツアーいきませんか!?と誘われました

    焼き肉はひかれますけど、

    正直、経費かけてるなぁの方が怖かったです。

    でも、そういう会社の方が人気があるんですよね。

    アフターなどにも費用をかけているのかもしれませんが・・・

    いかんせん、初期投資額が高すぎますね~

コメントする

目次
目次
閉じる