今日は土曜日、建築会社の新築の住宅の完成見学会に行ってきました。

車検に車を持って行ってその台車で。

金入りの季節です。。

 

今回のお家はZERO-CUBE回のカスタマイズでした。

ZERO-CUBEに中庭があるような間取りで、とてもオシャレな家です。

(ちなみに建物のみの価格で1,300万円で、CUBEより300万円高いです)

news_photo1_1610_24266

小窓が独特で一見何階建てか分からない不思議な外観です。

そして、CUBEを見るといつも背が高いなあと思います。

 

壁紙について先日記事を書きましたが、

我が家が狙っていた壁紙を何箇所か使っていてとてもテンションが上りました。

1部屋に3種類使うこだわりの施主さんだそうです。

 

そして、一番驚いたこと・・・

壁紙の繋ぎ目が一切分かりません。

 

1枚壁紙?と思わされるほどです。

写真はミッキーの柄ですが、繋ぎ目が目を凝らして探さないと

見つけられない精度です。

繋ぎ目をみつけたのですが、0.1mm単位に合わせてありました。

さらに、繋ぎ目が目立たないように線を消しているような感じに見えました。

素人には何をどうしたらこんなに綺麗にできるのか皆目検討もつかない

神業です。

 

聞くと、プロからも絶賛される壁紙職人が手がけたらしいです。

壁紙は職人の腕にかなり左右されるんだとか。

腕もですが、この職人さんはこだわりというかプロ意識が半端ないのだと思います。

 

例えば、立板の壁紙があったのですが、

適当に貼ると、コーナーなんかは折れてしまってとても不自然な仕上がりになってしまうと思います。

この職人さんは、線をコーナーにジャストで合わせて、不自然さを極限までなくそうという

努力の跡がものすごく感じとれました。

 

是非、この職人さんに施工してもらいたいと思わずにはいられませんでした。

ローコストだからって手を抜かない職人さんがいる建築会社。

いいですね!

ちょっと見直しました^^