前記事はこちら

 

前回、プロジェクター投影用の壁が完成したので、

今回はシアタールームに必要な5.1chホームシアターと

プロジェクターを探して実際に購入したいと思います。

 

テーマは、

「初心者向けで、使いやすく、よりローコストで、できれば高音質!」

 

まずは、必要なものを整理してみました。

 

シアタールーム設計図

パイオニアのホームシアター5.1chスピーカー(HTP-S363)構成図

希望の構成は以下の通り。

・ホームシアター5.1ch(AVアンプ + スピーカー×4 + サブウーハー×1)

・プロジェクター

・DVD/BRプレイヤー

・TV

・Nintendo Switch

 

プロジェクターからはDVDはもちろん、

TVや、Nintendo Switchもつなげる計画です!

 

 

ホームシアターAVアンプを探すポイント

 

そもそもホームシアター5.1chとはなんぞや?

ホームシアターってなんだか高そうで難しそうなイメージ。

そんな私も初心者。

調べたことを超簡単にまとめるとこんな感じ。

・「5.1ch」は5つのスピーカー(前、前右、前左、後右、後左)と、1つのサブウーハーで構成されている

・サブウーハーは重低音域のみを扱う特殊なスピーカーのため、分かりやすく「0.1ch」と分けて記載する

・AVアンプの役割は、TVやDVDから入力した映像や音楽情報を、スピーカーやプロジェクターに出力する

・音楽観賞用のアンプは、プリメインアンプ(2ch)

・映像観賞用に、AVアンプとスピーカーがセットで売られているものがホームシアターとして売られている

 (プレーヤーも含まれる製品もある)

 

 

何ch(チャンネル)が良いのか?

音楽鑑賞のプリメインアンプは2.0chです。

ホームシアターは、サブウーハーが付いてくるので

最低でも2.1chとなります。

 

DVDには、5.1chとか7.1chとか書かれていますよね。

そのチャンネル数以上にしておきたいところ。

 

最近はスピーカーは2.1chしかないのに、

疑似的に5.1chを作りだすという機能を持ったAVアンプも存在します。

でも、せっかくならリアル5.1chにこだわりたいところ。

そこは、予算との兼ね合いになってきそう。

 

 

プロジェクターと各機器をどうやってつなげるのか?

接続方法が分かれば、なんとなく全体のイメージが把握できると思い、いろいろと調べてみました。

理想は、複数の機器を簡単に切り替えたい!

そんなこと初心者にできるのか!?

 

・・・ありました。

しかも、とても簡単に実現できるんです!

 

それが、こちら!

HDMIケーブルでAVアンプを中継する方法です。

図で書くとこんな感じ。

パイオニアのホームシアター5.1chスピーカー(HTP-S363)レビュー

※このAVアンプはアンプとサブウーハーが一体化された商品です

ものすごく簡単!!

 

HDMIケーブルだけで完結できるなんて、めちゃくちゃシンプルです。

切り替えもAVアンプのボタン一つで可能です。

これならホームシアター初心者でも配線パニックにならずに接続できそう。

便利な世の中になりました。

 

この方法で接続するにはこれに対応したAVアンプを選ぶ必要があります。

その機能が、

ARC対応※Audio Return Channel

これが書いてあるAVアンプを選ぶ必要があります。

(今売られているAVアンプはだいたい付いているらしい)

 

接続数もチェックしておきましょう!

↓ 下のAVアンプの場合は、3つHDMIケーブルが接続できることになります。

AVアンプ背面図(パイオニア)ARC対応

 

 

従来の方法でつなぐ場合

ARC対応であっても、従来のような接続もできます。

 

 

パイオニアのホームシアター5.1chスピーカー(HTP-S363)レビュー2

※このAVアンプはアンプとサブウーハーが一体化された商品です

映像と、音声をそれぞれ別につなぐ方法です。

 

光デジタル音声やアナログ入力などでもつなぎたい場合は

こちらも確認しておいた方が良いと思います。

 

ちなみに、Nintendo Switch、プレステ4(PS4)のような、

HDMIしか対応していない機器の場合はこの方法は使えません。

(変換ケーブルなどを使うしかありません)

 

またこの方法だと、TVとDVDを切り替えたい場合など、

映像側のケーブルはいちいち抜き差しする必要があります。

できればARCでつなげたいですね。

 

 

価格コムで商品を比較してみる

上でまとめたポイントで初心者向け商品を探してみました。

・5.1ch対応(できればリアル5.1ch)

・ARC対応(できれば3つ以上)

・光デジタル音声対応(できれば)

・ローコスト(3万円くらい)

・一流有名メーカーでレビューの評価が良い(できる限り)

 

 

Pioneer 5.1ch サラウンドシステム HTP-S363

価格¥37,000前後(現在は販売店情報なし)★★★★☆

 

 

サブウーハー一体型のAVアンプで、ARC対応(3口)、光デジタル対応、

Bluetooth対応、5.1chスピーカーがセットになっています。

 

レビューを見ても分かる通り、音質はかなりの高評価。

これで、3万円代なのでコスパはかなり高いです。

 

日本のメーカーなのですが、オンキョーと統合され、

特にここ数年はホームシアターのラインナップは縮小方向のよう。

ローコストで、機能、音質を叶えるなら、これが一番のオススメでしたが、

残念ながら、今のところ在庫がないTT

 

 

ソニー SONY ホームシアターシステム 5.1ch NFC/Bluetooth HT-RT5 M

価格66,000前後 ★★★★☆

 

バータイプAVアンプ、ワイヤレススピーカー、ARC対応(3口)、光デジタル対応、

Bluetooth対応、5.1chのホームシアターセットです。

 

こちらは、SONYのリアル5.1chホームシアター。

AVアンプと、スピーカー(前、左前、右前)がバーに含まれていて、

後方のスピーカー(左後、右後)とサブウーハーが別になっています。

 

この製品の画期的なのは、スピーカーがワイヤレス!!

ホームシアターにありがちな、ながーいコードが部屋中に張り巡らされて

景観が残念なことにならないのです!

音質も折り紙付き!

 

これ、サイコーじゃないですか。。

ただ、レビューを見ると、たまに無線接続が切れるみたい。

あと、スピーカーは無線なんですけど、それぞれ電源コードは必要とのこと。

 

 

YAMAHA フロントサラウンドシステム YAS-107

価格¥24,000前後 ★★★★☆


こちらは、AVアンプ、スピーカー、サブウーハーが一体型のバータイプのホームシアターで、

ARC対応(1口)、光デジタル対応となっています。

 

見ての通り、スピーカー、AVアンプ、サヴウーハーが一体型になっています。

5.1chと書いているのは、バーチャルということで、疑似的なものになります。

ただ、「バーチャル3Dサラウンド技術」なる機能を搭載してるらしく

疑似的でも再現性にはこだわっています。

 

「バーチャル3Dサラウンド技術」

世界で初めて最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場も再現する3Dサラウンド技術により、映像に音声が一体化し、映画や音楽での没入感がより向上します。

 

レビューはかなりの高評価。

メーカーも、誰もが知るヤマハ。

バーチャルでよければ、値段もお手頃で検討の価値あり。

ただ、ARCが1口ってのがちょっと残念。。

 

 

YAMAHA フロントサラウンドシステム YAS-207

価格¥40,000前後 ★★★★☆

YAS-107によく似たYAS-207。

一件サブウーハーが独立しただけの違いかと思いましたが、

カタログを見てみると、本体の仕様も違いがいろいろとありました。

詳しくはメーカーサイトに任せるとして、ようはYAS-107の上位機種。

 

ただ、こちらもARCが1口。

40,000円出して妥協は嫌ですもんね~。

やっぱり、できればリアル5.1chがいいし・・・。

 

 

YAMAHA ホームシアタースピーカー YHT-903JP(B)

価格¥63,000前後 ★★★★★

AVアンプ、スピーカー、サブウーハーがすべて別々になったホームシアターセット。

ARC対応(6口)、Wi-Fi対応。

 

これぞ、リアル5.1ch!

Wi-Fiがあったり、なんでも有りの高性能ホームシアター。

その分値段は上がるのは仕方がないところか。

 

 

結局、ヤ○ダ電機で処分品をゲット!

 

いろいろ調べた結果、

現時点では3万円代では、理想通りのリアル5.1chホームシアターセットは手に入らない模様。

スピーカーと、AVアンプを別々に購入するという方法もあるのだが、

安くないし、難易度も上がる。

中古という選択肢も検討・・・

 

そんな途方に暮れながら、某ヤ○ダ電機に現地視察。

 

すると、なんてことでしょう~

現品処分で「Pioneer 5.1ch サラウンドシステム HTP-S363」が売っているではありませんか~。

しかも3万3千円。

新品とは言えませんが、保証は付いてるし買っちゃいました~~~v^^v

 

今回はたまたま商品が売っていたから良かったものの、

現時点では、ローコスト帯のホームシアター製品のラインナップはかなり品薄です。

お金を出せばいくらでもあるんですけどね。

 

次回はプロジェクターを探したいと思います。

 

つづく・・・

 

016/08/13