「みんなの家ブログ検索」をリリースしました!家ブログをハウスメーカーと建築年を指定して横断検索できるサイトです

ローコストでナチュラルなフローリングメーカーIOCの東京ショールームに行ってみた

IOCフローリングショールーム

2016/03/13

この度、IOCのショールームに行くチャンスが訪れました!パチパチ

その時の記事はこちら↓

あわせて読みたい
おしゃれでローコストなフローリングIOCに出会う フローリング選びは商品知識0からはじめたのもあり、想像以上に時間がかかっています。 【フローリングの選択肢が多すぎる】 その理由はやはりなんといっても、取り扱...
目次

IOCの東京ショールームへ!

事前に予約をして当日、朝の10時に来館!の、はずが!!スマホを片手に歩いていたところ、なぜか!?違うところにいることに気づく・・・時間、9時50分・・・

間に合わないーーーー!!!

予約の変更という手もあったのですが、ここは、一瞬悩んで、タクシー!!5分で着いて無事(?)到着^^;;

IOCショールーム

ショールームは地下(現時点)にあり、中が見えずちょっと入りづらい外観。

予約してるし~~~

階段を降りて大きなガラス戸を開ける。お姉さんがお出迎えしてくれました。中はその方がお1人で、お客さんもおらず貸切状態~。

中は、こじんまりとした感じですが、天井が高くて、そして、おしゃれ!高級なショールームのよう。

商品サンプルを拝見

IOCフローリング比較

さっそく事前にお伝えしていた商品を見せてもらうことに。床に並べてもらっていました!

か、かっこいいんですけど・・・。

サンプルでもビンゴだったんですが、ショールームにきて、確信に変わりました!

IOCフローリング比較

樹種は、アッシュ、オーク、ウォールナットがお目当てです。突き板20mm、0.6mm、無垢についても、それぞれ見せてもらい詳しく説明してもらいました。

安いのに手触りも良い

いや、もうこれは決定でしょう。なんといっても、安い!(いや、高いけど安い!)LIXILや、ウッドワンのちょっと良いグレードと同じくらいの値段です。

そして、IOCの商品の一番の特徴である、手触りがマットなところ。(光沢ワックスもありました)だいたい、どこのフローリングもワックス処理しているものはてっかてかです。

うちの20年前の実家と同じなんですよね~。有名所では、LIXILのDフロアはよかったですけどね!

しかし、こちらはリアルな突き板、しかも突き板厚さが2mmですよ!2mmなんて、他のメーカーだったら、超高級商品。手が出ません。

しかし、IOCののこの2mmは、ちょっと背伸びをしたら手が届きそうな値段設定!

さらに、無垢のウォールナットが、それよりも安い。グレードが低いのが理由らしいんですが、それが、ぜんぜん良い。むしろ好き。これは1階にしよう~。

あと、フローリングは本物の木なので、一本一本結構色が違います。そうです、無料サンプルだけでは全体のイメージをすることはほぼ無理です。

カタログに載っていない商品も見せてもらう

あと、カタログに載ってない、サンプルもない、隠しメニュー的な商品も見せてもらいました。しかも、それが我が家にビンゴ!!

ショールームに来たかいがあった~~~~~~

アウトレットなんかもあります。さんざんサンプルを出してもらい、もらって帰りました。

さいごに

いや、本当にIOCテンション上がりまくりです。フローリングもかなりいろいろなメーカーのショールームを回りましたが(ウッドテック、ウッドワン、リクシル、ダイケン、パナソニック)、我が家の理想(お値段、品質、見た目、手触り)、これを満たしているのはここだけでした。

さぁ、帰って吟味しなくては!!

IOC:https://www.iocjapan.biz/


この記事が良かったらいいね!いまいちだったらいまいちいだだけると幸いです。

ブログ村のランキングに反映され、管理人の原動力になっています。このブログのランキングは→こちら


  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる