本体価格1,000万円で家が建つというゼロキューブ。
シンプルな外観だけど、大きな窓や建具などはほんとにおしゃれ。

ローコスト住宅のポイントが抑えられつつ、
デザイン面も洗練されてておしゃれです。
ゼロキューブは北欧風ではないですけどね。

スポンサーリンク

ZERO-CUBEのおもしろいところ

zero-cube

ZERO-CUBEのおもしろいところは、値段もさることながらカスタマイズがいろいろできるところ。
6畳の小部屋をつけたり(+200万)、屋上つけたり(+300万)、ガレージを付けたり、中2階を付けたり、客が着けたいと思うであろうオプションがみごとに用意されています。

DSC_5753

こちらは屋上付きのZERO-CUBE(ゼロキューブ)。屋上がひろびろで、眺めが超サイコーです。

さらに、プラスファンというオプションで無垢の床やストリップ階段など選択肢も用意されています。
これらの価格がすべて明確に公開されているというところが新しいと思います。
ZERO-CUBE(ゼロキューブ)の発案者は本当に天才だと思います。

ハウスメーカーの設備なんてどこも言い値で、消費者は一方的に見積もりを払うしかない・・・
というイメージがありましたが、いちいち聞かないでも、自分で値段を見ながら仕様が取捨選択できるというのは大変ありがたいアイデアだと思います。

ZERO-CUBE(ゼロキューブ)以外もいろいろある

我が家はZERO-CUBE(ゼロキューブ)なのかどうか?
実はまだ決まっていません。
この前見学会にいったNordic Houseなどもまだ候補に残っています。
ZERO-CUBE以外にもいろんなデザインが選べるんですよね。

その時の記事がこちら↓

ZERO-CUBEをベースに、間取りや外観を変更するということもできるということでした。
そうなったら、普通に注文住宅の方がよいのかもしれませんが・・・。

今後、営業マンとまた話たいと思います!

0 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

https://myhomeblog.tiulabo.net/%e6%88%91%e3%81%8c%e5%ae%b6%e3%81%af%e3%82%bc%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%96%ef%bc%9f/trackback/