引き違い窓が少ない理由が分かってきた

2ndステージ 分離発注で家を建てる!

最近は、窓について調査中です!今回は、引き違い窓について書きたいと思います。

目次

引き違い窓のイメージ

我が家の窓も、最近になるまで引き違い窓を考えていました。実家もそうでした。今まで住んでいた賃貸の窓も全部引違い窓だったので何も疑問に思うこともありませんでした。

見学会にいくと最近はおしゃれな家ばかり。特に断熱にこだわっているお家は、横すべり窓や縦すべり窓、上げ下げ窓を多用している家が多いこと・・・その度に、使いにくそうだな~、なんで引き違いにしないんだろう~と思うほど引き違い窓信者でした。

引違い窓のデメリット

調べていくと、最近の家が引き違い窓が少ない理由があるというのです。引き違い窓は断熱面では性能が劣るというのです。つまり、引き違い窓よりはすべり出し窓、上げ下げ窓の方が断熱性能が高いと。もちろん、グレードにもよるので、あくまでも同じ価格帯での比較となります。

ということは、値段がそんなに変わらないなら引き違いではなく、横滑り窓や縦すべり窓、上げ下げ窓を選ぶと断熱性能が上がるということに。なるほど~そんな秘密が隠されていたんですね。

それに加えて、アルミサッシではなく樹脂サッシ、または樹脂複合サッシを採用すると良いということですね。

引違い窓のメリット

ただ、引き違いは網戸がついていたり、開けやすかったりと、使い勝手の面では勝る部分もあります。価格的なメリットも見逃せません。最後は、価格と使いやすさ、見た目のバランスで決めるということですね。

このブログの内容をWEB内覧会に凝縮しました

こちらのページでWEB内覧会を開催中です。このブログで発信している内容をギュッと凝縮しています。よかったらのぞいてみてください♪


  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる