安い土地の探し方

北欧風住宅MV

こんにちは。

土地が決まらず困っている管理人です。
さて、みなさんは土地探しどうされていますか?

私はいろいろ探して、情報源がこちらの5つに増えました。

①インターネット
②地元紙折込、不動産雑誌
③不動産屋
④現地調査
⑤公募(競売、県、市)

今回は、これらの特徴にについてまとめておきたいと思います。

目次

インターネット

インターネットは、みなさんご存知の「at home」か「SUUMO」が情報量、使いやすさ、いずれもピカイチ。
なんと言っても地図から探す機能は、エリアが限られている我が家にはピッタリのツールでした。
新着お知らせメールも便利ですね。

また、地元の不動産屋のサイトもひっそり載っていることもあるのでチェックが欠かせません。

地元紙折込、不動産雑誌

新聞に不動産屋のちらしが入っていて、そこから情報を得られることがあります。
これは、新聞を取っている人だけの特権と言ってよいでしょう。

あと、エリアによりますが、不動産情報をまとめたフリーペーパーや雑誌があります。
我が家の場合、このフリーペーパーがかなり結構貴重な情報源でした。

一度ネットで検索してみることをおすすめします。

現地調査

我が家の場合、予算と子供の学区エリアでかなりエリアが絞られました。
こういう場合は自転車で隠れ物件を探してみるのもおすすめです。

実際にネットで見たことのない土地がいくつか見つかりました。

特に地方だと不動産屋がネットに載せていない物件が多くありますし、
営業マンも良物件はネットにのる前に売れてしまうと良く言っていました。

公募

意外と知られていない⑤公募(競売、県、市)も、意外に好物件があることがあります。
こちらは県や市、裁判所のホームページで公開されていました。

「○○市 公募 土地」「○○市 競売」などで検索しても出てくると思います。
ただ、前金で現金が必要なため、ある程度使える人は限られてくるかもしれません。

まとめ

なかなか良い土地が見つからない時は、時間だけが過ぎていき、見えない敵との戦いになるので疲れますよね。
土地は時間をかけてじっくり探すくらいの余裕が必要とつくづく感じます。
ただ、そうも言ってられないので、早め早めに動き出すことと、日々のチェックは欠かせないと思います。
毎日コツコツと地道なチェックするのは大変ですが、
土地だけは動くことができないので、後悔のない最高の土地に巡り会えるよう一緒にがんばりましょう~!

このブログの内容をWEB内覧会に凝縮しました

こちらのページでWEB内覧会を開催中です。このブログで発信している内容をギュッと凝縮しています。よかったらのぞいてみてください♪


  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる