もはや家づくりブログというよりも、問題を抱えている土地に家を建てるブログになりつつあるような気がしています。
そう、我が家の土地は、接道義務(私有地をまたがる)、私道接道幅2m未満、道路幅員1,8m未満、のトリプル問題土地です。
その土地について、不動産屋と1時間ほど電話で話あったのでそれについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

申請はタダではできない

そもそも許可申請、建築確認申請に申請するには申請料がかかります。
それぞれ3万円程度で合計6万円程度。
申請には図面やいろいろな書類が必要ですので、それにかかる、設計料、各種工程証明書発行料、調査費が発生します。その金額のお見積りが24万円。

総額30万円。

住宅ローンが通らなかった場合や特約で契約が解除できるのですが、それまでにかかった費用は誰が負担するのでしょうか?
契約は解除されても、地主は「土地を無料で調査してもらった」というメリットは残ります。

反対に、土地の購入に関与してきた不動産屋、建築会社、買主(私)にはデメリットしかありません。
契約書の印紙代、各種公的証書代、その他諸経費、これの総額はいかばかりか。
泣き寝入りでしょうか。

不動産屋社長(元ハウスメーカー勤務)に聞いてみると、建築相談の時点で通るアドバイスをもらうので、申請して落ちることは無いということです。しかし、これに関して、建築指導課の見解は今回のトリプルの場合は、前例が無いので、申請してみないと分からないと言います。

こういう場合どうなるんでしょう?さすがの不動産屋社長も困ったご様子・・・。そこで、私が提案したのは

通らなかった時の費用30万円は地主(売主)が負担する

売主側にしてみたら、そんなの聞いてないという話になると思いますが、売主にとってもこの調査費用30万円は無駄にはならないはずです。
逆にそれを払ってくれないなら、我が家はギャンブルです。そこまでしてこの土地が欲しいのかと言われるとそういう訳ではありません。
そもそも、住宅ローンは現時点でいくつか落ちているので、こちらの提案が飲めないのであれば、住宅ローン特約でキャンセルにしても良いと思っていました。

いずれにしても、失った時間は戻らないんですけどね。ボランティアで土地を調査してあげたということになりますが、もうそれは諦めます。

そんな話を小一時間ほどやりとりしますが、不動産屋社長はあまり乗り気ではないご様子。お金の話でもめたくないのもあり、売主とできればこういう交渉はしたくないみたい。

「さすがお詳しいですね~、もっと早く知識が豊富な社長に相談しておけばよかったですー」
社長を褒める作戦に。これがきいたかどうかは分かりませんが、長い討論の結果、不動産屋社長が重い腰を上げて売主に相談してみます・・・ということになりました。ただ、折半になるかもということです。

いやいや、私達は建たない土地にびた一文払う気ありませんからー!何か間違ってます?

0 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

https://myhomeblog.tiulabo.net/%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e5%b1%8b%e3%81%a8%e8%a8%8e%e8%ab%96%e4%bc%9a%e3%80%82%e5%bb%ba%e7%af%89%e7%a2%ba%e8%aa%8d%e7%94%b3%e8%ab%8b%e3%80%81%e8%a8%b1%e5%8f%af%e7%94%b3%e8%ab%8b%e3%80%81%e4%bd%8f/trackback/