トイレの換気扇って普通「上」についてますよね?
建築士さんに「トイレの換気扇、上と下どちらにつけますか?」と聞かれたのですが、
そんなこと気にしたこともなかったので 固まってしまいました^^;

調べてみたところ、これが奥が深くトイレの快適さを左右する問題ということが分かってきました。
意外なヒントもみつかったので、この記事にまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

トイレの換気扇の位置が何に影響を与えるか?

トイレの換気扇の位置が何に影響を与えるのか建築士さんに聞いてみました。
するとこの2点ということです。

  • 空気の流れ
  • 外壁の排気口の位置
  • お手入れのしやすさ

それぞれ、見ていきましょう。

換気扇の位置と空気の流れ

上に換気扇があると、くさい臭いが顔を通過する?

「においのもと」となる、便器や床、下半身は、当然ですが下にあります。
つまり、上に換気扇があると下にある「におい」を上に引き上げてしまうことになります。

トイレで自分の排出物の臭いをかぐなんて、想像しただけでも嫌ですよね。
もしこれが本当なら、上の換気扇は毎回トイレ中に臭いを充満させているようなものです。

なるほど、それなら換気扇は下にあった方が良い?
と言うとそう単純でもないようです。

下に換気扇があると、空気が循環しない?

トイレのドアって、下のほうに若干すき間がありますよね?(同時吸排など無い家もあるようです)
これは「アンダーカット」といって空気を通す給気口になっています。
においを外に排気するためにもこの吸気は欠かせません。

さて、この「アンダーカット」から入ってきた空気はどこから出すべきでしょうか?

においが顔を通らないことを考えると下から排気したいところですが、下に換気扇を付けたら「アンダーカット」から入った空気が、部屋の上部を循環することなく換気扇へ直行してしまいます。

このことから、一般的なトイレのドアは「アンダーカット」で空気を下から取り入れ、上にある換気扇で排気する想定で作られているといえます。
ご存知のとおり、温かい空気も上にたまるので、陽が当たるトイレも下に付ける場合は注意する必要があります。

というわけで、ドアの構造は変えられないし、やっぱり上に換気扇を取り付けた方が良いということ?という気もしてしまいますが、もう少し待ってください。

「におい」は上にたまるか?下にたまるか?

もし「におい」が下にたまるなら換気扇は上になくても大丈夫なのでは?
というわけで、調べてみました。

空気より軽い臭気は上昇し,重い臭気は下流します。ただし,人の動きや温度変化などでも空気は流れるため,臭気も比重に限らず空間内を循環します

日本医事新報社

「におい」の成分と空気比重

物質名(臭気)空気比重においのイメージ
アンモニア0.59尿
メチルメルカプタン1.66腐ったたまねぎ
硫化水素1.18腐ったたまご
インドール4.04糞便
スカトール4.52カビ

こちらの情報によると、「におい」が上にくるか下にくるかは、その「におい」の成分によるとされています。
そして、尿のニオイ成分であるアンモニアは空気より軽く上にあがるが、糞便のニオイ成分は空気より重く下にたまると。

下に換気扇を付けるとアンモニア対策は効果が弱いということになりそうですね。
やはり、換気扇は上なのでしょうか?

新幹線のトイレが狭いのに臭くない件

この決着に、新幹線のトイレがヒントになるかも知れませんので引用させていただきます。

コロンブスの卵的な発想ですが、
トイレ内の給気をドア上部から取り込み、
排気を床に近い壁面から出しているのです。

消臭・脱臭ブログ 共生エアテクノ スタッフ奮闘記より

こちらの記事によると、
「新幹線のトイレは、上から吸気され下から排気される構造になっていて狭いのにくさくない」
らしいのです。

なるほど、これを家のトイレで再現するにはどうしたら良いのでしょうか?
住宅用トイレも「アンダーカット」ならぬ「アッパーカット」という方法もあるんではなかろうか(ストⅡみたい)

ただ、調べてみても探し方が悪いのか、そういう商品は見つからない。
だったら、↓のような「ランマ」や「ガラリ」をドアの上に付けて、下に換気扇という手はどうでしょうか?
これなら、空気のよどみもなくなり、すべて解決できそうですね! (なんかもっとおしゃれに目立たない良い方法がありそうな気がする)

トイレの空気の流れは複雑

さて、「空気の流れ」からトイレの換気扇の位置を検討してきましたが、これに関係する非常に重要な基礎知識があります。それは、トイレ外の家全体の空気の流れが大事ということです。

たとえば、トイレの換気扇より、隣のキッチンの換気扇の方が排気能力が強かったらどうなるでしょうか?
トイレからの逆流が起こってしまうことになります。

また、家中の吸気口がすべて閉まっていたらどうなるでしょうか?
この場合、トイレの換気扇はどんなに高速回転してもただ空回りしているだけになります。

そしてもう一つ、換気扇が正常に機能していたとしても、トイレの出入りした直後は「空気の流れ」はめちゃくちゃな状態です。「空気の流れ」が顕著に影響してき頃には事が終わった後かもしれません。「空気の流れ」は、使用時も大事ですが、使っていない時の方がもっと大事といえそうです。

スポンサーリンク

排気口の外壁の位置もチェック

1階のトイレの場合、排気口の場所も気にしたいところ。

トイレが道路に面していたり、
お隣さんと距離が近かったりすると、排気口の位置が気になってしまうかも知れません。
その場合は、ダクトをつけて上から排気するなど対策が必要でしょう。
庭でBBQしてたらに、どこからともなく「におい」がしてくるとかげんなりですもんね^^;

普通の業者なら言わなくても対策してくれると思いますが、顔に直撃する位置に排気口をつけられた方もいらっしゃるようなので一応チェックされると安心かと思います。

また、窓がないトイレなど、構造上の制限がある場合は上からしか排気できない場合もあります。
換気扇の位置を検討する際は、先にどこに付けられるか建築士さんに確認しておいたほうがよさそうですね。

換気扇のお手入れのしやすさも大事

なかなか手が回らない事が多い換気扇。
気づいたらほこりがびっしり!!なんてことも。

「空気の流れ」を語る前に、換気扇が常にキレイで、換気扇としての性能を十分に発揮しているのが大前提です。換気扇がほこりいっぱいで機能していなかったとか本末転倒です。

換気扇をキレイに維持するのが最も大事!!

(言うのは簡単なんですけどね、自戒の意味も込めて)

手が簡単に届くところに換気扇があるということ

トイレの換気扇の位置、上と下どちらがよい?

トイレは狭いので身動きが自由できなかったり、お掃除アイテムが置きづらかったり、とにかく掃除しにくく難儀します。天井の換気扇はなおさらです。あやまって便器の蓋を割ってしまったなんて悲惨な話も。

もし、換気扇が常に目の前にあり、手をのばせば届くところにあったらどうでしょう?
ほこりまみれになっていたら取りたくなりますよね。天井換気扇だとそうはいきません。

新築の頃はきれいだったトイレも、長くつかっていると「におい」が染み付いてしまうということも。
それを防ぐためにも、換気扇は常にキレイに維持したいものです。

スポンサーリンク

結論

上につけるのも、下につけるのも、メリット・デメリットがあるということが分かりました。
ドアの上に吸気口を付けて、下に換気扇が良さそうですが、建築会社や家の構造によっては難しいケースもありそうです。
あとは、高気密住宅の特性を理解して常に吸気を行うこと、換気扇をキレイ維持するところまで想定しておくことが大事ということですね。

ちなみに、我が家は猫を飼っていて、2階のトイレ内に猫トイレを置いたので、そのすぐ上に換気扇を付けてもらいました。1階は屋外に面しておらず配管の都合上、天井裏換気扇です。
そんな感じで、トイレの換気扇は家庭の事情によっても変わることがあると思います。

奥が深いトイレ換気扇。快適なトイレライフを^¥^

2016/05/12

0 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

https://myhomeblog.tiulabo.net/%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%81%ae%e6%8f%9b%e6%b0%97%e6%89%87%e3%81%af%e4%b8%8b%e3%81%8c%e8%89%af%e3%81%84%ef%bc%9f/trackback/