「みんなの家ブログ検索」をリリースしました!家ブログをハウスメーカーと建築年を指定して横断検索できるサイトです

わが家のアメリカンスイッチたち – 実際の施工写真実例

わが家のアメリカンスイッチたち アメリカンスイッチレビュー2

家の雰囲気をグッと欧米風にしてくれるアメリカンスイッチ。

今回は、我が家が採用したCOOPER(EATON)社製アメリカンスイッチをご紹介します。それでは、ごゆっくり見ていってください。

目次

リビングのアメリカンスイッチ

2階リビングの4連アメリカンスイッチ2

こちらはリビングの4連スイッチ。

キッチン、キッチンカウンター、ダイニング、パントリーの4か所のライトをこれでオンオフします。

アメリカンスイッチのディティール

ホワイトでシンプル。

ごつすぎず、角張りすぎず、丸すぎず。絶妙なディティール。

デザインが洗練されているから、これだけシンプルでもおしゃれに見えるのでしょうね。

アメリカンスイッチの横から

横からも。

このスイッチの出っ張りを見るたびに今でも「THE アメリカンスイッチ」って思います。

アメリカンスイッチのON、OFFスイッチ

スイッチの付け根のあたりをよく見ると「ON / OFF」の文字。

スイッチの上下の取り付け間違い防止用なんでしょうか。

こういう誰も気づかないところまでおしゃれなのがセンスを感じます。

アメリカンスイッチのねじ

ネジもまた良いんですよね。

プラスじゃなくマイナスのネジを選ぶあたり。

日本のスイッチには無い概念です。

その他のアメリカンスイッチ

基本のアメリカンスイッチ

洗面所のアメリカンスイッチ

こちらは、洗面所の1連スイッチ。

我が家には全部で4種類のアメリカンスイッチがありますが、こちらは一番小さい基本サイズのスイッチです。

日本のスイッチとも同じ面積ですね。

2連のアメリカンスイッチ

階段の2連アメリカンスイッチ2

こちらは階段下の2連スイッチ。

階段のライトと、扉の奥の部屋のライト用です。

日本のスイッチの1.5倍くらいの幅があります。

3連のアメリカンスイッチ

玄関の3連アメリカンスイッチ

こちらは玄関の3連スイッチ。

玄関、玄関ポーチ、門灯用です。

日本のスイッチは、3つまで縦に並べられる物が多いですが、アメリカンスイッチは3つだと約2倍の面積が必要です。

4連のアメリカンスイッチ

2階リビングの4連アメリカンスイッチ2

そしてリビングのスイッチ。

4連ともなるとスイッチがかなり存在感を主張してきます。

日本と違って省スペース化を一切気にしないこのワイルド感こそ、

「アメリカンスイッチ」のイイところなのかもしれませんね。

今回ご紹介したアメリカンスイッチ

さいごに

以上、我が家が採用したアメリカンスイッチの実例紹介でした。

一時はアメリカンスイッチはあきらめていたのですが、途中から付けられることになり、今では妥協しないで本当に良かったと思っている部分です。妥協していたら後悔ポイントになっていただろうと思います。

参考になれば幸いです。それではまた!


この記事が良かったらいいね!いまいちだったらいまいちいだだけると幸いです。

ブログ村のランキングに反映され、管理人の栄養分になっています。現在のランキングはこちら→こちら


  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる