お手入れが楽になるキャビネット付きトレイがおすすめ♪LIXILリフォレ《WEB内覧会・トイレ編②》

お手入れが楽になるキャビネット付きトレイがおすすめ《WEB内覧会・トイレ編②》

今回も引き続きWEB内覧会「トイレ編」をご紹介したいと思います。それでは、ごゆっくり見ていってください!

前回のWEB内観会の記事はこちら↓

あわせて読みたい
トイレは洗面所を通ることで廊下をカット!アプローチも快適に《WEB内覧会・トイレ編①》 今回からはWEB内覧会「トイレ編」をご紹介したいと思います。それでは、ごゆっくり見ていってください! 前回のWEB内観会の記事はこちら↓ https://myhomeblog.tiulabo.n...
目次

トイレの全景

トイレの全景 WEB内覧会2

トイレはこんな感じに仕上がりました。2階の北東ですが隣に建物がないのでお昼は照明がいらないくらい明るいです。

トレイはキャビネット付きだとお手入れが簡単♪

トイレの仕様 キャビネット付トイレ リフォレ

こちらのトイレはLIXILのキャビネット付トイレ「リフォレ」です。この商品のいいところはキャビネットが付くところもなんですが、トイレ裏の掃除がいらなくなるところ。ほんとこれはすばらしい。

収納はおまけ程度

LIXILキャビネット付トレイリフォレの収納は実際狭い3

真ん中はタンクなので収納はおまけ程度です。お掃除グッズやトイレットペーパーが多少入るかなくらい。

水栓は左右選べる

LIXILキャビネット付トレイリフォレの手洗い部分

手洗い水栓は左右選ぶことができました。我が家はみんな右利きなので、左にあったほうが使いやすかな~ということで左になりました。ただ、壁や床がびちょびちょに濡れるのであんまりがっつりは使ってほしくない。

タオル掛けとスイッチの位置を細かく指定

タオル掛けとスイッチのいちにこだわる

あと、タオル掛けとスイッチの位置を地味にこだわっています^^;

設計士さんに送ったExcelで作ったトイレの指示書

微妙な高さや奥行きなど、実家のトイレで測って指示書にまとめて設計士さんにお渡しました。

壁掛けスイッチはちょっとお高いんですけど、これもお手入れを考えて壁掛けにしました。トイレのお手入れはできる限り楽にしたいですもんね。結果、投資した価値はあったかなと思います!

タオル掛は我が家があちこちで採用したアイアン製のタオル掛けです。これは、裏板を大工さんに入れてもらって結局自分たちでつけました。

さいごに

というわけで、今回はお手入れが楽になるLIXILのキャビネット付トイレについてご紹介でした。とにかくお手入れ重視にこだわったトイレです。ご参考になれば幸いです^^

それではまた!

ローコストにこだわった我が家が選んだ「最高のエアコン」はこちら↓

コスパに徹底的にこだわった我が家は、エアコン選びにもかなり時間をかけました。そんな我が家が選んだコスパ最強のエアコンとは・・・


  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次