「ローコストハウスとは?世帯所得200~300万円でも建てられる平均的なサイズの家」の記事をリライトしました

ローコストハウスとは?ローコスト住宅とは?

現在、当ブログでは、記事の全体的なリニューアル(リライト)を実施中です。今回は「ローコストハウスは?」の記事をリニューアルしたのでそちらをお知らせします。

目次

ローコストハウスとは?「世帯所得200~300万円」でも建てられる平均的なサイズの家

あわせて読みたい
ローコストハウスとは?「世帯所得200~300万円」でも建てられる平均的なサイズの家 ローコストハウス(ローコスト住宅)とは、相場にくらべて安い価格の家のこと。坪単価では20万円~40万円とか30~40万円台と言われることが多いです。 しかし、「相場」...

ローコストハウスの定義はあいまいなもの。値段は普通だけど高性能なわりには安いという意味なのか、低性能で値段もそれなりなのか、ハウスメーカーの宣伝文句だけではなんとも判断が難しい。

というわけで、当ブログでは「世帯所得200~300万円」でも建てられる平均的なサイズの家という基準で定義しました。その経緯をブログでつづっているのでよかったらご覧ください。

今後も随時アップしていきます

今後もローコストハウスに関する有益な記事は配信しつつ、同時に古くなった情報は時代に合わせるなどクオリティの向上も進めていきたいと思っています。どうぞ長い目で温かく見守っていただけると幸いです。

それではまた!

我が家の「後悔しないローコスト住宅」をまとめました

我が家のローコスト住宅のノウハウを凝縮しました。もしローコスト住宅にご興味がありましたら是非のぞいてみてください!


  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次