先日気に入ったZERO CUBEの見積と図面ができたということでもらいにいきました。

今回はレオハウスに続き2回目なので、多少比較ができそうです。

屋上付き(+300万)にしないほうが良かったかな・・・。

 

■ゼロキューブ(屋上付き)見積もり 土地代を除く

面積:109.85㎡(33.23坪)

坪単価:391,000円

※C社の見積もりとなります(ZERO CUBEすべてに該当するものではありません)

建物本体 13,000,000円
設計変更料 450,000円
現場管理費 350,000円
確認申請料 300,000円
地盤調査費 100,000円
仮設工事費 270,000円
屋外給排水 500,000円
省令準耐火構造 300,000円
消費税 1,221,600円
合計 15,270,000円

 

総額はレオハウスと比べてそんなに変わらないです。

ただし、こちらの方がかなり広いです。しかも屋上付いてます。

 

あと、こちらは規格住宅なので設計変更料がかかっています。

間取りも自由度は高くないというデメリットはあります。

 

思ったんですけど、レオハウス本体価格すごく安いんですけど、その他が高いです。

 

・レオハウス 本体:8,643,240円 その他:6,979,908円

・C社ZERO-CUBE 本体:1,300,000円 その他:1,230,000円

 

う~ん、全然違う。

どっちが普通?

3 件のコメント

  1. とおりがかりのものですsays: 返信

    はじめまして。

    実は、わたしも、ゼロ・キューブ検討中です。
    CMは、「何、勘違いしてるの?」系で、
    好きではないですが。
    なんですかね、あれは?(笑)
    さすが、大分の会社だなって、感じです。

    ところで、見積もり、掲載ありがとうございます。

    今、見積もり来たんですが、

    2~3倍取ろうとしてますね。

    管理人さんが、300万の屋上つけるかどうかで、
    悩んでいるというのに、
    建設会社では、仮設費・屋外給排水・電気引き込み工事・地番調査費7・順防火工事費など、
    < 土地 >< 建物本体価格 >以外の、
    費用に、たかが、ゼロ・キューブ建てるだけで、
    何百万も、管理人さんの見積もりより、
    上乗せしていることが、はっきりしました。
    (神奈川S建設)

    これは、キューブを提供している会社が、

    いくら、お手ごろを、うたっても、
    お手ごろな分、キューブ加盟店の建設会社が、
    ざっくり、水増し請求してくるので、
    駄目です………………..

    地元業者なんで、土地も、請負条件付き販売だし、
    キューブ加盟店も、エリア制なので、選べず、
    これでは、キューブの会社も、
    自分の首しめてるようなものですね。

    結局、不動産屋(建設請負業も)は、
    エリアに、ライバル会社がいて、
    はじめて、正常に動くわけです。

    それが、1社しか、エリア内に、
    キューブ請負会社がないとなると、
    後々、リフォームするにしたって、
    また、そこに、依頼するわけで、
    それが、勘違いして、
    「 どうせ、キューブは、このエリアで、
    扱えるのは、うちだけなんで。」
    という気持ちで、
    いい加減な対応をされた場合、
    「 じゃあ、ほかで。」
    という選択肢が、セヌシにないということになりかねません。

    その点で、ブーかな。

    最終的には、海外移住する予定なので、
    日本には、コンパクトな拠点だけあればと思ったのですが、予想以上に、面倒。。

    • 管理人says: 返信

      はじめまして!
      工務店によってかなり差があるんですね。
      関東の相場も高いんですかね?
      しかし、それは取りすぎな気も・・・
      私も何社かお見積して、工事費は比較しましたが
      100万くらいの差は普通にありました^^;
      おそろしい世界です。
      工務店が良心的かどうかは、信頼できる口コミがないと運任せってのも怖いですよね。
      最良の工務店に巡り会えるといいですね!

  2. とおりがかりのものですsays: 返信

    >関東の相場も高いんですかね?

    相場というより、
    <建築条件付>といいまして、
    土地を売主として販売する会社が、
    土地を売るとき、
    「うちの会社で建築するのが、土地を売る条件」
    となっている場合は、特に、施工費水増し請求してくる可能性が高いです。

    建築会社の、悪しき慣習ですね。
    ですが、昨今の、ご時勢では、
    条件を、はずして土地のみ販売し、
    あとは、お好きな工務店で、
    という販売も、以前よりは、増えてます。

    そうでないと、工務店は、選べないわけです。

    条件付土地だと、もれなく、建築会社がついてくるわけですので。

    ですので、建築条件付を避ける人も、多いですよ。

    ある程度、そういうことを、知ってるだけ人は、
    ですが。。

    今回は、それは、キューブ加盟店になってますので、キューブを建てるなら、そこで、
    ということになっているのですが。。

    地元工務店といっても、ピンきりですね。

    条件付で、見るも無残な建物を、
    高い、お金を払って、造られたんだろうな~、
    と思うようなのは、いっぱい見ましたし。

    土地条件付販売やってるところは、
    そんなのが、多いですね。

    つまり、お金とるのが目的で、
    とったら、<あとは、何が建つか分からない>
    状態なわけです。。。。

    キューブは、まだ、規格品なので、
    分かりやすさはあるでしょう。

    し・か・し、
    建築会社が、なかなか、キューブの設備・建具について、説明しません!
    見せません!(笑)
    資料、渡してきません………

    何か、キューブと違うものを、
    中に、くっつけようとか思ってないか心配です。

    そのうえ、あの、水増し請求。。
    というか、項目だけ書いて、
    あとは、4項目とか、5項目の内訳を表示せず、
    まとめて、いくら、みたいな、
    ずさんな見積書でした。。

    すかさず、「内訳を示してほしい」といったら、
    「 それは、ちょっと…」みたいな。。

    「 ちょっとじゃないでしょ。」
    って、感じですよね?

    そんな対応で、頭金や手付け金の話を、
    先に持ってくるので、
    わたしの経験上、請負工事に限らずなんですが、
    先に、お金の話をする会社は、
    ぼったくりが、多いですし、
    いくら、自社ホームページなどで、
    うまい宣伝をしているようにみえても、
    いざ、つきあってみると、
    非常に、不誠実であったりします。

    以前、都内で、別の物件を所有してたときに、
    一級建築士に、図面ひいてもらって、
    ある工務店(不動産業はやってない、大工一筋)
    に、ちょっとした工事の依頼をした時は、

    < 天才 >

    としか思えない、大工さんの、
    素晴らしい仕事ぶりといい、
    一級建築士さんの、良心的な見積もりといい、
    作業自体、楽しかった。

    建築士さんも、
    「 本当に、楽しかった。」と、言ってくださり、
    大工さんも、出来栄えに、満足されてました。

    今回は、、、というか、
    だんだん、世の中が、妙な状況へと、
    進行すると、「なんか違う」ものしか、
    なくなっちゃうのかな~と。。

    わたしの場合、海外脱出予定も検討してますので、
    みなさん、知らない人が多いんですが、
    その場合は、日本には、不動産や固定資産を持ってないほうが、いろんな面で、良いんですよ。

    最初、キューブ型のトレーラーハウスも、
    検討してたのは、そういう次第です。
    トレーラーハウスは、キューブの下に、
    車輪がついているようなものです。(笑)

    これは、基礎がないため、
    固定資産ではありません。

    ただ。。。。、
    この業界は、ぜんぜん、成熟してませんね。
    協会も、アメリカ生まれの自由な発想の、
    トレーラーハウスを買う客を、とっちめようとしているような、妙な感じがあり、
    役員が、元自民党代議士とか、
    わけわからないです。
    加盟してる業者も、地方の業者が、
    ほとんどで、そもそも、アメリカのような風潮が、
    なじまない地域で、活動されているようにも見え、
    不動産でないのに、不動産でないことに、
    びくびくするという、変な、業者もいて、
    話になりませんでした。。(笑)

    それで、キューブに、行き着いたわけですが、
    上述したような問題が。。

    なので、ここまでで、もう、かなり、面倒くさいです。

    あとは、さきほどの建築会社が、
    これから売らなきゃいけない現場を、
    いくつも、持っている場合、
    早く、お客に、決めてもらって、
    施工して、次、施工して、次、と、
    売り現場を、さばいていかなきゃなりませんので、
    ある程度、見積もり出た後、
    お客が、納得いかない場合は、交渉することで、
    それに、建築会社が、応じる可能性もあります。

    意地張って、目の前のお客を逃して、
    2倍の手間隙かけて、販売するのは、
    普通は、嫌がるものですし、
    日本の場合、いつ、また、災害が起こるとも限らず、売れるときに売らないと、
    最後の1棟まで、販売完了するまでに、
    とほうもない年月がかかってしまうでしょうからね。。

    ちなみに、今回の現場近くの別の場所も、
    検討中なんですが、そこは、
    大手鉄道会社系列の分譲地で、
    なんと、開発から、すでに、15年間かかって、
    まだ、ぜんぶ、売れていないそうです。。

    ですので、昨今は、まったく、現実と異なるような、変な宣伝広告が多いですが、
    実際は、宣伝自体、かなり、ゆがんだものですから、気をつけたほうがいいでしょう。

    あわてて、契約する必要なんか、
    どこにもないことは確かなので。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

http://myhomeblog.tiulabo.net/zero-cube%e3%81%ae%e8%a6%8b%e7%a9%8d%e3%81%a8%e5%9b%b3%e9%9d%a2%e3%82%92%e3%82%82%e3%82%89%e3%81%86/trackback/