2016/03/20

我が家は分離発注・・・

フローリングだって施主支給しますっ!!

 

フローリング選びもだいぶ時間を費やしてきましたが、

ついにIOCのフローリングに決定!

前回のショールーム訪問が決めてとなりました。こちら

 

それを、建築士にメールでご連絡。

 

「フローリングIOCに決めたいと思います!どのように手続き進めればよろしいですか?」

「分かりました。来月の連休明けには必要になりそうですので、その段取りでお願いします」

 

て、おーい!

それだけーーー!?

1階は何平米必要とか、厚さや仕様なんか、こっちで勝手に決めちゃっていいわけー??

てゆか、いいの?素人が勝手に発注していいの!?いいの!?

 

 

というわけで建築士に再メール。(実際のメール)

 

Kさん

お世話になります。
フローリングの見積り依頼中です。
ロフト部分は自分で計算しましたが、以下の数量で大丈夫でしょうか?
(㎡換算してあります)

あと、全ての階で、フローリング材の厚さが異なってしまっております。。
もし、問題があるようでしたら教えてください。

■製品名① ロフト
| 複合06シリーズ アッシュ06【厚さ9cm(表面0.6mm)×幅12cm×長さ909cm】
| UVマット (UV5%艶) カルプ無し(釘打ち仕様)|数量:14㎡ 
└――――――――――――――――――――――――――――――
■製品名② 2階
| 複合20シリーズ オーク20サタシェ【厚さ12cm(表面2mm)×幅12cm×長さ1818cm】
| UVマット (UV5%艶) カルプ無し(釘打ち仕様)|数量:40㎡ 
└―――――――――――――――――――――――――――――― 
■製品名③ 1階
| 無垢シリーズ フォリークルミ【厚さ15cm×幅9cm×長さ1820cm】
| UV塗装 カルプ無し(釘打ち仕様)|数量:50㎡ 
└――――――――――――――――――――――――――――――

以上、よろしくお願い致します。

 

 

自分で、平米計算。

予備とかどれくらい足せばいいんだろう・・・

そもそも、これ足りなかったら、誰が責任取るの・・・

 

「じゃあ、今週の土曜日打ち合わせましょうか」

と、建築士さん。

そうそう!そうでしょう~

材料の数量出しましょうよ~~~

(返事、電話だし!!)

 

再度、IOCに連絡。

「あの、来月の連休明けに納品してほしいんですけど可能でしょうか?」

 

5月の連休明けに必要という事です と、お急ぎ頂く必要がございます。
フローリング受注品:3月24日まで のご発注の場合→4月28日頃納品
        3月31日までのご 発注の場合→5月11日頃納品

 

え!?もう時間がない!!

IOCのフローリング・・・工場が海外で船で運ばれてくるとのこと。

発注から納品まで40日ほどかかると・・・。

しかも、1週間に一度の締切に間に合わないと、次の便になるらしい。

 

これを、即刻建築士に伝言。

「そんなにかかるんですか!?打ち合わせの時詳しくお願いします」

なんだろう~~~。ゆっくり~~~。状況分かってるかなーーー。

 

あと、IOCはフローリング以外にも、

階段、幅木、廻り縁、框もお願いすることができました。

 

できれば、同じ素材で合わせれるといいですよね。

こちらは、オーダー品らしく規格がなく、都度お見積もり。

そう・・・見積もりをもらうためには、こちらも必要数が必要。

 

幅木・・・

計算ムズっ!!

時間もないっ!!

 

フローリングの施主支給は難しいっ!!

(次回につづく)

 



関連コンテンツ