本日は、土地売買決済日です。

 

近くの銀行に部屋を借りて、

その場に、不動産屋、売り主(3名)、司法書士、私の総勢6名が

集まり、契約書の手続きと、残代金の支払いを行います。

 

わざわざ銀行で、こんな大げさなことするんですね・・・。

 

大金を手にしたことのない素人なんで初めての経験です。

 

午前9時、定刻通り銀行に集合。

みなさん、スーツでびしっとキメて

なんて、厳かな雰囲気・・・。

 

司法書士ともこの時初顔合わせ。

この司法書士は、ローン会社が候補を出した3名の中から

なんとなくで選んだ方です・・・。

 

軽く挨拶をして、銀行の一番奥にある、ひろめのブースに通されました。

(部屋ではなかった^^;)

 

なんで、わざわざ銀行でやるかというと、

ローン会社が、司法書士からの連絡をもらった直後に

私の銀行口座に入金をする・・・という仕組みなんだそう。

即座に出金し、

その場で、現金払い、各種書類にもハンコが必要なんで

一堂に会してイッキに終わらせましょう!

というような感じです。

 

司会進行は不動産屋社長がすべてやってくれました。

この辺は手慣れている!

今までのちんたらぶりが嘘のよう!

 

まずは、司法書士と一連の手続きを完了後

司法書士が住宅ローン会社に電話をしていました。

 

その後、しばし待つ・・・

 

一通り、出金明細なども書き終え、

後は入金を待つのみ!!

 

長い・・・

 

書類の記入も終わると、入金されるまで空白地帯となります。

世間話のネタもつきかけたころ・・・

 

不動産屋社長「ATMで確認してきてくれませんか?」

 

ATMなんかい!!

あまり、銀行は協力的じゃないもよう。

本当に、ただ場所を貸してあげてるという立ち位置です。

 

それで、普通にATMに並びにいって確認・・・

そこには見たことのない金額が!!

入金されてるし・・・

ローン会社も連絡くらいしてくれてもいいのにね・・・

と思いつつ、30万円だけ出金。

これは、土地以外の代金分のお金です。

 

私「入金されてましたよ~~~」

不動産屋社長「ほんとうですか!あーよかった・・・」

私「・・・・・・・」

 

というわけで、出金伝票を銀行の職員に渡します。

数分後、大金が運ばれてきました。

帯付きの札束が山積みに・・・

 

そして、そのお金は私の手に触れることもなく

司法書士と不動産屋社長の手で、

計算され、売り主さんの手元に渡されました。

なんか、ちょっと悲しい・・・。

 

不動産屋と司法書士にもその場で現金で手数料をお支払い。

固定資産税の月割分を支払ったり、私の手元には2万5千円くらい残りました・・・。

なんだかな~

 

最後に、領収書を全員からもらい、

不動産屋の締めの挨拶により散会となりました。

 

売主さんは3人兄弟で、結構高齢で普通にいるおじいちゃん、おばあちゃん。

2年も待って、あちらも心配されていたご様子でした。

でも、これでやっと心配の種がなくなったようで

みなさん晴れやかな顔をされていました。

 

それを見てると今まで苦労して頑張ってきた甲斐が

自分たち以外にもあったんだなーと少し救われた気持ちになりました。

不動産屋社長も^^;

多分、この手数料じゃ赤字と思われるほど、時間を投資したことと思います。

それに加え、私からのプレッシャー^m^

 

最後に、不動産屋社長と立ち話・・・

不動産屋社長とはこれでお別れとなります。

お疲れ様でした、長い間ありがとうございましたーーー

(お互いのココの中・・・・・・2年間長すぎー―ーー、せいせいしたわー)

でも、どこか寂しい。

戦友と別れるような気持ちでした・・・

 

終わったのは11時ごろ。

あーつ”か”れ”た”ー。

仕事仕事ーーー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://myhomeblog.tiulabo.net/2%e5%b9%b4%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%9c%9f%e5%9c%b0%e3%81%ae%e5%a3%b2%e8%b2%b7%e5%a5%91%e7%b4%84%e3%81%8c%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e6%88%90%e7%ab%8b/trackback/