今日は、9月の契約後初となる3者打ち合わせの日でした。

営業マンの都合、私達の希望もあり、

ZERO CUBEシリーズブロッサムの見学会をやっている現地で行うことにしてもらいました。

(ここの施主さんにしたら迷惑な話かも^^;;ブロッサムは細長で面白い家でした)

 

なぜ、今回3者(自分、建築会社、不動産屋)が打ち合わせを行うとなったかといいますと、

私道の通行権に関する対応が大変進展が良くなく、一度方向性を共有しましょうということで

不動産屋の社長が主導して開催にいたりました。

 

私道の通行権の話は、詳しく話すと長くなるのですが、簡単に説明すると、

公道から土地にいく際に私道を通らないといけないという問題がありまして、

めんどくさいことに、その私道の所有者が5名いらっしゃり、

さらに、5名中1名しかご存命でなく、相続人を探さないといけないという問題が発生していました。

 

そして、この担当者は最初不動産屋がやるという話だったのですが、

建築会社も市役所に建築確認を出すのに、書類が必要ということが判明し

不動産屋、建築会社それぞれが、土地の所有者の同意書が必要という状況になったのでした。

 

そこで、この2社がお互いにコミュニケーションを密にとりながら進めればいいのですが、

なぜか、不動産屋に聞くと建築会社待ちとか、営業マンは不動産屋待ちとか、

責任のなすりあい状態、たらい回し状態に陥っておりました。

こんな状態が9月から続いていて、現在もまだ相続人と連絡とれていないという始末です。

 

さらに、町内会長さんの許可が出れば良いとという所有者さんもいらっしゃって

その町内会長さんと連絡が取れず、話が停滞しているという・・・なんという体たらく。

 

今回の打ち合わせで、所有者の所在は共有できたので、

今後は誰がいつまでに同意書をとろうという方向性で話は決着しました。

結局、最初の通り、不動産屋がすべて行うことになったんですがね。

不動産屋、建築該社ってもっと協力しあって動くもんじゃないんですかね?

なんか、見えない壁があるようで、なんでこんなに遅れたのか今でも謎です。

 

後日、こんな人たちに任せてられないと、

町内会長さんに何度かコンタクトして、携帯電話番号をお聞きできたので

それを、2社に連絡したところ、2社はとても喜んでおられました。

 

なんだろう、この状況。