悩みが絶えません。

 

簡単に考えていた、印鑑証明書。

私道の所有者5名に実印を押して貰う必要があるのですが、

それに、印鑑証明書を添付しないといけません。

 

というわけで、先日ご挨拶に伺ったおじいちゃんの家に相談に行ってみました。

すると、なんということでしょう。

あんなに、印鑑は押すよーと言ってくれていたおじいちゃんが

手のひらを返すように、

 

「印鑑証明書は無理だ・・・」

 

とのご返答。

え?まずいこの展開。

ん~~~このままではあっさりとこの今までの物語がエンディングを迎えてしまいます。

もはや、このまま話を続けるのさえ来まずい空気。

とりあえず、その場はこれいじょうこじれるとまずいので退散。

 

かなり気を使って、和やかな空気を作って、

その中で、苦肉の策でやむを得ず、建築指導課がどうしても・・・という方向にもっていったにも関わらず

完全拒否です。

 

実印をもらう手数料とか、手間とかそういう次元ではないようです。

他人に印鑑証明書なんて、ありえないということです。

そうなんですね・・・ですよね・・・

わたしが甘かったです。。

でも、どうしたらいいんでしょう。

 

残りのお二方にもご相談。

すると、なんと、まさに同じような反応です。

印鑑カードを渡すなんて、絶対にできません。

それが、司法書士だとしてもです。

この話はあきらめてください。

 

もう、あんなに親身になっていただいた方が、こんな感じに一変させる印鑑証明証。

何者なんでしょう。

 

・ローン等の借金の連帯保証人にする

・ローン等の借金の実施

・車や不動産の購入の実施

・車や不動産の売却の実施

 

こんなことに使われます。

他にも、財産分与、特に不動産関連遺産相続など。

年配の方は、こういった経験をされてきているので

印鑑証明書の恐ろしさと大事さを身にしみて感じてらっしゃるんでしょうね。

 

私なんか、営業マンが貸してくださいっていってきたら渡してしまっていたかもしれません。

いやーしかし、ここにきて、どうしようもない展開。

それが6名もいるって、これってもう不可能じゃないですか?

2ndステージに急に暗雲がただよってきております。

 

 



ネットの工事予約は1ヶ月以上かかることも!ご予約は計画的に!