なんだかんだで1ヶ月ぶりの打ち合わせとなりました。

今日は、とっても温かいです。

大雨降るし変な天気。

 

いつものように9時に建築士事務所に伺う。

今日の議題は最終設計に向けての最終打ち合わせ。

 

確認申請下りたっていうのに、ここにきて細かい修正が・・・。

わかってるんです。

わかってるんですけど、言わずにはいられません。。

 

といっても、柱を動かすことはできないのは分かっているので

窓の位置や、扉の位置、段差などの変更。

それでも、換気や採光は厳しく建築指導課につっこまれているので

微細な変更で済むように、慎重に修正が必要だそうです。

ニッチなども伝え、ここで基本設計の要望は締切となりました。

 

そして、1つ課題が・・・。

「地鎮祭どうしますか??」

「やる方向でお願いします」

「分かりました。では、日取りを決めましょう」

「3月12日あたりで・・・」

「分かりました。では、神主さんやテントなどの手配をしておいてください・・・」

 

!?

 

あれ・・・そうか、自分でやるんですね。

ですよねーですよねーーー。

てっきり、建築士さんにお任せでいいかと思ってましたよー。

これが、分離発注なんでしょうか?

 

てゆか、テントってどこで借りれるんだ??

「神社によっては一式貸してくれるところもありますよー」

はぁ、そうですか。

 

「あと、米とか酒とか必要ですね。あ、竹も必要だと思います・・・」

「竹っ!?」

竹山!?どっかある?所有者と交渉!?!?

竹?

竹?

無理言わないでよね~。

 

ひとまず、親にも聞いて決めることにしました。

でもということは、工務店では当たり前にやることになっていた地鎮祭・・・

それも、工務店のサービスの一貫だったということなのでしょうか。

やはりこういう細かいサービスが、大手HMや工務店に比べると

個人の設計士事務所が劣るところなんでしょうね。

 

とりあえず、草むしりしないと!!

 

そして、第2回目の設計報酬の支払いを済ませました。

それとは別途確認申請料2万円、確認申請代行料15万円、

総額73万円なり。

これで、大きな現金が発生するのは終わりということ・・・ですが

もうすっからかんですよ~~~

あとは、つなぎにたくします。

 

これで、総額180万円が自己資金で必要だったということが分かりました。

これが、個人建築士事務所のリアルです。。