2週間ぶりに建築士と打ち合わせ。

今回は、前回決まった平面図を元に立面図を作成していきます。

 

前回、ロフトとキッチンの天井で意見が合わず、そのままとなっていました。

こちらの記事

若干きまずい・・・

 

土地の話やら、雑談を交えつつ本題に。

建築士は要望をききながら、その場で設計ソフトに反映していきます。

 

建具、壁、階段、吹抜けなどを入れていき

1階は難なく終了。

そして、問題の2階。

 

「キッチンの天井とリビングはつなげて、天井は勾配天井、ロフトもつながる感じで・・・」

「こんな感じですかね~」

 

あれ?すんなり採用してくれた。

あっさり2階も終了。

ほっと一安心しつつ、窓を決めていきます。

 

まだ変えれますということだったので、ざっくり決めていきますが

これがなかなか難しい。

中は住み心地よいんだけど、いざ外観を見てみましょうとなると

窓の配置が偏っていたり、上辺や左辺がガタガタで見た目が悪い。

 

あーでもない、こーでもない、言いながら建築士とやりとりすること2時間。

なんとかできあがりました。

それが、こちら。

外観1

 

斜め上。


外観2

ツートンでちゃんと北欧風です^^

 

ちなみに、妻の意向で屋根の位置を縦横方向を変えてもらいました。

正面が南ですので将来的にソーラーは向かないと言われましたが

マンションのせいで西日が当たらないのでいいやーと。

 

あと、軒がたくさん出ていて、柱があるのが好みらしいです。

建築士に70cmほど出してもらうことに。

こんな感じです。

屋根軒

 

書類的には、立面図はこれで作れるので、

建築確認にはもう出せるということでした。

あとは、土地です!!

 

いっったんコレで持ち帰ることになりました。