こんにちは!

みなさん、窓の構造について気になったことはありませんか?

 

知らなくても日常生活にはほとんど支障はないと思いますが、

いざ家を建てるとなると窓にかかわる専門用語が突然飛び交います。

 

「ペアガラス」「アルミ樹脂複合サッシ」にはじまり、

「框」「障子」「桟」といった単語もよく耳にするのではないでしょうか。

 

たとえば「障子」と「サッシ」の違いって分かりにくいですよね・・・。

よく一緒に登場するので「障子」=「サッシ」?

「障子」の読み方=「サッシ」??

なんて混乱してしまうのは私だけ?

ちなみに「障子」はそのまま「しょうじ」と読んでOKです^^;(私は恐る恐る読んでいました)

 

今回はそんな「サッシ」さらには「窓の構造」まで詳しく調べていきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

窓のサッシとは?

 

「サッシは断熱に大きく影響する」

断熱の説明にはよくこんなことが書かれています。

ただ「サッシってどこの部分?」というところまで書かれていることはほとんどありません。

なんとなく「窓のどこかを指しているんだろうな」ということは分かるんですけどね・・・。

 

そこでネットで調べてみると、

これがどの説明も曖昧だったり統一されていなかったり。

知恵袋を読んでもいろいろな意見があり、さらに混乱に陥ります。

 

ちなみに、Wikipediaにはこう書かれていました。

サッシsash)とは、サッシュともいい、枠として用いる建材のことをいう。あるいは、窓枠を用いた建具であるサッシ窓そのものをサッシと呼ぶことも多い。

 

ふむふむ、語源は外国由来ということは分かりました。

ただ「呼ぶことも多い」・・・この書き方がひっかかります。

どうやら状況や人、現場、立場によっても使い方が変わるようなんです。

 

そもそも、ここに書いている「窓枠」というのも定義も微妙です。

ガラスの周りの枠なのか、

レール部分のことなのか、

はたまたその回りの木枠の部分なのか?

 

そうなんです。

窓って枠だらけなんですよね!

このへんも深堀りしてみたいと思います。

 

 

窓の構成について理解する

 

サッシを理解するためにはもっと窓について理解が必要そうです。

というわけで構成図を作成してみました。

 

サッシの仕組み図説 窓の構造・構成・部品断面図

 

まずは「家側」と「窓本体」の二つに分けて見ていきたいと思います。

左の画像は「家側」と「窓本体」すべてを含んだ窓全体の構成です。

右の画像は窓の断面図です。

 

①~④のパーツの名称は以下になります。

■家側
①額縁(ケーシング)
②枠(窓枠、レール部分)

■窓本体
③ガラス
④框(桟)
⑤部品(鍵やレバー等)←画像には表示していません

 

補足として、「ガラス③」と「框④」部分の部分をまとめて「障子」と呼びます。

「枠②」の黄色いはレール部分なので、実際には正面からは見えない部分です。

 

構成はできました。

それでは、こちらの構成図を日本を代表する大手サッシメーカーYKKさんとリクシルさんに見てもらい

「サッシとはどこの部分なのか?」教えていただきたいと思います!

(両社とも我が家でたくさん採用してるので許してね^^;)

 

 

スポンサーリンク

YKK AP株式会社にサッシの定義について聞いてみた

 

YKKさんからはメールでご回答をいただきました。

以下、一部引用させていただきます。

 

Q. サッシの定義を教えてください

弊社では窓枠部分(枠+障子、部品含む)をサッシと総称して呼ぶことが多いです。
ガラス等も込みで取り付ければ窓として機能する状態まで工場で完成させた商品を
窓と呼んでおります。

Q. 框④のことだけをサッシと呼ぶのは間違いでしょうか?

框よりかはサッシの方が枠全体を差す一般的に普及している単語になります。
ただ、専門で携われている方と日常使用している方では
言葉の捉え方が異なりますので、話す者同士が同じ認識で会話しているか
確認しながら、言葉を選んだ方がよろしいかと思われます。

Q.額縁は窓またはサッシには含まないという理解でよろしいでしょうか?

弊社においては、「サッシ」「窓」には額縁(木枠)は含まれないことが多いです。
会話中にどこまでを含んで使用しているのか確認しながら
ご相談していただければ幸いです。

 

何度かやりとりをさせていただきまして、

結論として以下で了解をもらいました。

 

サッシの仕組み図説

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品

・窓 = サッシ + ③ガラス

※ただし、ガラスも含めてサッシと呼ぶ場合もある

※①額縁はサッシには含まない

 

 

株式会社LIXILにサッシの定義について聞いてみた

 

LIXILさんからはお電話でご回答をいただきました。

とても感じの良い方で丁寧に詳しく教えてもらいました。リクシル好感度アップ v^^v

 

なんと回答はYKKさんとほぼ同じでした。(いや、良かった、安心しました)

LIXILの担当の方も現場で曖昧になっているということは認識されているようでした。

 

ちなみに、LIXILでは商品によって窓の框のことを「○○フレーム」とカタログに記載していることがあります。

これについても聞いてみたのですが、

「フレーム」は正式名称としては使っておらず、窓に詳しくない人にも

分かりやすくするために使ったようです。

 

個人向けのカタログはメーカーさんもいろいろと分かりやすく工夫しているということなんですね~。

(それが、今回の混乱の元だったりもするので、難しいところです・・・^^;;)

 

 

2大メーカーのサッシの定義をまとめると・・・

 

ひとまず2大メーカーの定義はどちらも同じということが分かりました。

 

そして、窓が「サッシ」+「ガラス」という定義があることまで判明!

①の額縁はサッシどころか、窓にさえ含まれないということです。

額縁あくまでも家側の部品ってことなんですね。

 

ただし、プロでも人によって違う可能性があるので良く確認してね・・・という注意付きです^^;

 

まとめると↓以下になります。

 

サッシの仕組み図説サッシの仕組み断面図

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品(鍵部材等)

・窓 = サッシ + ③ガラス

・障子 = ③ガラス + ④框

・①額縁=窓にもサッシにも含まれない

(オレンジ色の部分がサッシです)

 

 

つまり「サッシ」=「昔サッシメーカーが取り扱っていた金属部品一式」説

 

もともと日本で「サッシ」という言葉が使われたのは、

窓枠に金属の部材が使われるようになってきてからということです。

また、サッシメーカーはガラスを含まない窓枠部分のみを出荷し、

ガラスは現場ではめていました。

 

つまり「サッシ」とは昔サッシメーカーから送られてきた金属部品一式

を呼んでいたのが今でもその名残が残っているモノと言えるのかもしれません。

完成品の形のある窓とは違い、あくまでも窓の建材の一部というイメージです。

 

それが、技術の進歩によりペアガラス、トリプルガラス、ガス注入といった製品が登場し

サッシメーカーがガラスをはめこんだものを出荷することが一般的になってきました。

しかし、ガラスがはめこまれたからといって現場ではサッシに変わりありません。

 

厳密には、ガラスをはめこむと「窓」なのですが、

現場で「本日からサッシのことは窓と呼ぶことになりました」ってなっても

現場はおっちゃん達の阿鼻叫喚であふれ混乱するだけな気がします。

 

そもそも「窓」って意味が広すぎます。

現場で部品を指す名称としては曖昧すぎますね。

むしろ「サッシ」は「サッシ」のままであり続けることのほうが都合が良さそうです。

 

 

框(かまち)と桟(さん)の違いについて

 

框と桟の違いも分かりにくいのでまとめておきたいと思います。

 

框は「縁(ふち)」や「枠」という意味で説明されています。

框の一番わかり易い例は玄関框ですね。

↓この部分です

框の場所

 

桟は「横木」や「補強材」という意味で説明されています。

つまり、框で縁を構成し、桟で框の間をつなぐというのが本来のイメージでしょうか。

 

商品の説明によっては、組み方によっても呼び方が変わる場合があるように思います。

たとえばこんな感じ。(雑な絵で恐縮です)

ーーーーー ←框

|   | ←桟、横木

ーーーーー ←框

 

ただ、全部「」と呼んだり、全部「」と呼んだり、格子の部分を「」と呼んだり、

窓の框と桟も昔からの通称もありメーカーや商品によって統一感がないように思います。

詳しい方がいらっしゃったらコメントでご指摘いただけると幸いです。

 

 

サッシと障子(しょうじ)の関係

 

最後に「サッシ」と「障子」にも触れておきたいと思います。

答えは上にも書いたとおりですが以下のようになります。

 

サッシの仕組み図説

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品(鍵部材等)

・障子 = ③ガラス + ④框

 

障子って言われると、あの障子紙が貼られた引き戸しか想像できないですけど、

もともとの障子の意味は空間を遮るモノのことをそう呼ぶんだそうですよ。

であれば、空間を遮る③框と④ガラスをまとめて障子と呼ぶのも納得がいきます。

 

なので、

「窓の障子の一部はサッシで構成されている」または「窓のサッシは障子の一部を構成する

という関係が成り立つといえます。

サッシと障子が完全な包含関係ではないので、混乱するんですね。

やっとスッキリしました。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

サッシの定義はメーカー、現場、人、状況によっても呼び方が変わることがあり

プロと個人の間でも分かりやすく言葉を選んでいるのもあり

この問題をさらにややこしくしている原因なのではないかと思いました。

 

ひとまず、これでもやもやは解消されました。

今後も窓は進化していきます。

それにともないサッシの定義はまた変わっていくのかもしれませんね。

 

でわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

http://myhomeblog.tiulabo.net/%e7%aa%93%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%81%93%e3%81%ae%e9%83%a8%e5%88%86%ef%bc%9f%e7%aa%93%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%ab%e8%81%9e%e3%81%84%e3%81%a6/trackback/