こんにちは!

 

みなさん、窓のサッシの正式名称について気になったことありませんか?

普通に生活していて気になることはあまりないとは思いますが、

今回は「サッシ」について詳しく調べていきたいと思います!

 

 

窓のサッシはかなり曖昧

いろいろ断熱について調べているとふと気づくことがありました。

それが、「サッシが断熱に大切みたいだけど、そのサッシってどこの部分?」ということでした。

 

商品名としてのサッシは、なんとなく窓を指しているんだろうな~ということは分かるのですが、

正式名称としてのサッシは具体的にはどこの部分なのだろうと調べてみると、

これがどの説明も分かりにくい。

知恵袋を読んでもいろいろな意見があり、さらに混乱に陥ります。

 

Wikipediaにはこう書かれています。

サッシsash)とは、サッシュともいい、枠として用いる建材のことをいう。あるいは、窓枠を用いた建具であるサッシ窓そのものをサッシと呼ぶことも多い。

 

なるほど、語源は日本語ではなく、漢字もないことは分かりました。

ただ「呼ぶことも多い」・・・この書き方からも分かるように、

状況や人、現場、立場によっても使い方が変わるようですね。

 

そもそも、ここに書いている「窓枠」というのも定義が微妙です。

ガラスの周りの枠(框:かまち)を指していたり、

レール部分の枠のことを指していたり、

はたまたその回りの木枠の部分を指していたりもするからです。

 

どの窓の説明も分かりにくいのは、

読み手の「窓の構成」の知識がないことや、専門用語が分かりにくいことに加え、

書いてる人が書き方を混同してたり、説明が不十分だったり、不適当なことが

根本的な原因ではないかと思います。

 

 

まずは窓の構成について理解する

というわけで、まずは窓のことを理解するために

窓の構成図を作成してみました。

サッシの仕組み図説

■家側の部品
①額縁(ケーシング)
②枠(窓枠、レール部分)
■窓本体の部品
③ガラス
④框
⑤部品(鍵部材等)

※障子は③ガラスと④框から構成される
※②は正面からは見えない部分です。窓をはめ込む家側に取り付ける部材で、レールもこれに含まれます。

 

このように、窓はたくさんの部品で構成されていることが分かります。

そして、大きく分けると二つに分けられます。

1つ目が「家側の部品」、もう一つが「窓本体の部品」です。

 

ちなみに「障子」と「サッシ」の違いって分かります?

よく一緒に登場するので「障子」=「サッシ」??と混同してしまいそうになりますよね?(私だけ??)

いい機会なので、これも一緒に整理してみたいと思います。

ちなみに、「障子」は「しょうじ」と読みます。「サッシ」ではありません^^;(私は間違えていました)

 

では、こちらを業界をリードする大手メーカー2社に問い合わせてみたいと思います!

 

 

YKK AP株式会社にサッシの定義について聞いてみた

YKKさんからはメールでご回答をいただきました。

何度かやりとりをして以下の結論にたどり着きました。

 

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品

・窓 = サッシ + ③ガラス

※ただし、ガラスも含めてサッシと呼ぶ場合もある

※額縁はサッシには含まない

 

 

株式会社LIXILにサッシの定義について聞いてみた

LIXILさんからはお電話でご回答をいただきました。

回答は以下のとおり。

 

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品

・窓 = サッシ + ③ガラス

※額縁はサッシには含まない

 

LIXILの担当の方も現場で曖昧になっているということは認識されているようでした。

ちなみに、LIXILでは窓の框のことを「フレーム」と記載していることがあります。

これについても聞いてみたのですが、これは正式名称ではないということでした。

「フレーム」というのは、英語の「枠」と同じ意味で使われているようです。

 

 

サッシの正式名称まとめ

ひとまず、2つのメーカーがどちらも同じ回答でよかったです^^;

まとめると、以下の定義が正式名称ということになります。

 

サッシの仕組み図説サッシの仕組み断面図

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品(鍵部材等)

・窓 = サッシ + ③ガラス

・障子 = ③ガラス + ④框

 

正式名称としては、サッシにガラスは含まれないということです。

ただし、現場や世間一般では、ガラスも含めて指すことも多々あるようです。

 

 

なんでサッシは曖昧になってしまったのか?

もともと日本で「サッシ」という言葉が使われたのは、

窓枠に金属の部材が使われるようになってきてからということです。

また、以前はサッシメーカーはガラスを含まない窓枠部分を出荷し、

現場でガラスをはめていました。

 

つまり、日本ではこのサッシメーカーが取り扱う部材が、元来の「サッシ」ということがいえそうです。

 

曖昧になった原因はおそらく、現場や大衆的に「サッシ」という言葉が

一番都合が良く便利だったからではないでしょうか。

サッシにガラスを含もうが含ままいがどちらでも日常生活や仕事に支障はなく、

他にサッシに変わる言葉も思いつきません。

 

一応、ガラスをはめこんだ商品は「窓」という定義はあるのですが、

サッシとガラスを合わせたら「窓」って呼んでね~・・・何て言われてもピンきませんもんね。

 

その後、技術の進歩により樹脂サッシ、木製サッシ、など金属以外の製品が登場し、

さらに、ガラスの高性能化に伴い、サッシメーカーがガラスをはめこんだものまで登場しました。

 

しかし、そんなことは現場では関係なく「サッシ」は「サッシ」のままでいいわけです。

「え?このサッシ、ガラス含んでないの??」なんて会話をする職人さんだけが、

使い分けをすればすむわけです。

 

 

サッシが曖昧で何が悪いのか?

「サッシはサッシのままでいい」なんて書いちゃうと、

じゃあ、何のためにこの記事を書いてるんだと訳が分からなくなりそうですが、

現代では問題になることがあります。

 

断熱の説明にはこの窓の部材名が度々登場するからです。

ある説明には「ガラスの断熱が重要」、もう一つの方は「サッシの断熱が重要」、

「障子の素材も重要」なんて書かれていると訳が分からなくなっちゃいますもんね。

 

できれば、メーカーの方が説明を書く際に、

「サッシ」という言葉が誤解を招く可能性がある場合は説明書きをお願いしたいですね。

でなければ、各部材の正式名称を使って欲しいものです。

 

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品(鍵部材等)

なんて普通の人は知りませんから^^;

 

 

サッシと障子の違いについて

忘れるところでした!

答えは上にも書いてしまいましたが、公式ではこうなります。

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品(鍵部材等)

・障子 = ③ガラス + ④框

 

簡単にまとめると、

障子とは、窓本体のこと。框にガラスはめたもの。

サッシとは、正式には金属部材一式(旧来の)

ただし、現場や一般的にはガラスも含んで、窓自体を総称する場合も多々ある。

 

なので、サッシには障子が含まれるともいえるし、

サッシは障子の一部ともいえる。

サッシの定義によってお互いの関係が変わってしまう複雑な関係なんですね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ひとまず、これでもやもやは解消されました。

今後も窓は進化していきます。

それにともないサッシの定義はまた変わっていくのかもしれませんね。

 

でわ!



ネットの工事予約は1ヶ月以上かかることも!ご予約は計画的に!