こんにちは!

 

みなさん、窓のサッシの正式名称について気になったことありませんか?

(ないですよね・・・)

いろいろ調べているとふと気づくことがありました。

 

それが、「サッシってどこの部分?」ということでした。

 

商品名としてのサッシは、なんとなく窓を指しているんだということは分かると思うのですが、

窓の断熱についてしらべている際に、正式名称としてのサッシはどの部分なのだろうと調べてみると、これがどの説明も分かりにくいのです。

知恵袋を読むといろいろな意見があり、さらに混乱に陥りました。

 

Wikipediaにはこう書かれています。

サッシsash)とは、サッシュともいい、枠として用いる建材のことをいう。あるいは、窓枠を用いた建具であるサッシ窓そのものをサッシと呼ぶことも多い。

 

「呼ぶことも多い」・・・この書き方からも分かるように、正式名称とは別に、

状況や人、現場、携わる立場によっても使い方が変わるようなのです。

 

そもそも、ここに書いている「窓枠」というのも定義が微妙です。

ガラスの周りの枠(框)を指していたり、レール部分の枠のことを指していたりするからです。

おそらくこれは、窓自体が枠の集まりでできているというのに加え、

各枠の正式名称を使用せずに説明文に記載していることが原因かと思います。

 

というわけで、下の図を作成して、業界をリードする大手メーカー2社に問い合わせてみました。

サッシの仕組み図説

①額縁(ケーシング)
②枠(窓枠)
③ガラス
④框
⑤部品(鍵部材等)
※絵はFIX窓ではなく、稼働する窓です。
※②は実際には正面からは見えない部分(レール部分)です。

 

 

YKK AP株式会社にサッシの定義について聞いてみた

YKKさんからはメールでご回答をいただきました。

何度かやりとりをして以下の結論にたどり着きました。

 

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品

・窓 = サッシ + ③ガラス

※ただし、ガラスも含めてサッシと呼ぶ場合もある

※額縁はサッシには含まない

 

 

株式会社LIXILにサッシの定義について聞いてみた

LIXILさんからはお電話でご回答をいただきました。

回答は以下のとおり。

 

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品

・窓 = サッシ + ③ガラス

※額縁はサッシには含まない

 

ちなみに、LIXILでは窓の框のことを「フレーム」と記載していることがあります。

これについても聞いてみたのですが、これは正式名称ではないということでした。

「フレーム」というのは、英語の「枠」と同じ意味で使われているようです。

 

 

サッシの定義が時代とともに変わってきている

もともと日本で「サッシ」という言葉が使われたのは、窓枠に金属の部材が使われるようになってきてからということです。

その後、樹脂サッシ、木製サッシ、など金属枠以外の窓にもサッシということばが使われるようになりました。

 

また、以前はサッシメーカーはガラスを含まない窓枠部分を出荷し、現場でガラスをはめることが多いでした。

つまり、このメーカーが取り扱っていた部分が「サッシ」の定義となっているようです。

現在では、ガラスの高性能化に伴い、ガラスをはめこんだものを出荷することが多くなってきました。

ガラスをはめこんだ商品は「窓」という定義なのですが、この昔からの習慣もあり「サッシ」という言葉を使うため、

「サッシ」の定義がより曖昧になっているようです。

 

サッシの定義まとめ

正式な定義としては以下の内容ということが分かりました。

サッシの仕組み断面図

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品

・窓 = サッシ + ③ガラス

・障子 = ③ガラス + ④框

 

ただし、現場や世間一般的な定義としては、ガラスも含めて指すことも多いようです。

どの場合も、額縁はサッシにはふくまないのが一般的のようです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ひとまず、これでもやもやは解消されました。

今後も窓は進化していきます。

これにともないサッシの定義もまた変わっていくのかもしれませんね。

 

でわ!