こんにちは!

 

みなさん、窓の構造について気になったことはありませんか?

 

普通に生活していて気になることはほぼないと思いますが、

家を建てる際には「ペアガラス」「アルミ樹脂複合サッシ」といった

窓に関する専門用語が日常的に飛び交います。

 

窓は家の断熱にとってかなり重要や要素で、

その中でもサッシは特に影響の度合いが大きいです。

にも関わらずあまり知らない方も多いのも事実。(かくいう私もそうでした)

 

たとえば「障子」と「サッシ」の違いって分かりにくいですよね・・・。

よく一緒に登場するので「障子」=「サッシ」?

と混同してしまいそうになりますよね?(私だけ?)

ちなみに、「障子」は「しょうじ」と読みます。「さっし」ではありません^^;(私は間違えていました)

 

今回はそんな「サッシ」について詳しく調べていきたいと思います!

 

 

窓のサッシとは?

いろいろ断熱について調べているとふと気づくことがありました。

それが、「サッシが断熱に大切みたいだけど、そのサッシってどこの部分?」ということでした。

なんとなく「窓のどこかを指しているんだろうな」ということは分かるんですけどね・・・。

 

そこで調べてみると、

これがどの説明も分かりにくい。

知恵袋を読んでもいろいろな意見があり、さらに混乱に陥ります。

 

ちなみに、Wikipediaにはこう書かれていました。

サッシsash)とは、サッシュともいい、枠として用いる建材のことをいう。あるいは、窓枠を用いた建具であるサッシ窓そのものをサッシと呼ぶことも多い。

 

ふむふむ、語源は外国由来ということは分かりました。

ただ「呼ぶことも多い」・・・この書き方がひっかかります。

どうやら状況や人、現場、立場によっても使い方が変わるようです。

 

そもそも、ここに書いている「窓枠」というのも定義も微妙です。

ガラスの周りの枠(框)を指していたり、

レール部分の枠のことを指していたり、

はたまたその回りの木枠の部分(縁)を指していたりもするからです。

 

書き手やメーカーによっても呼び方が統一されていないことがあり

それが分かりにくい原因なのではないかと感じます。

 

 

窓の構成について理解する

サッシを理解するためにはもっと窓について理解が必要そうです。

 

というわけで調べた内容を整理して構成図を作成しました。

大きく「家側の部品」と「窓本体の部品」の二つに分類してみました。

 

サッシの仕組み図説 窓の構造・構成・部品断面図

■家側の部品
①額縁(ケーシング)
②枠(窓枠、レール部分)

■窓本体の部品
③ガラス
④框
⑤部品(鍵部材等)

※障子は③ガラスと④框から構成される
※②枠(窓枠、レール部分)は①額縁(ケーシング)に埋め込まれているイメージです

 

せっかくなので、この絵を業界をリードする大手メーカー2社に送って

サッシとはどこの部分なのか確認させていただきたいと思います!(両社とも我が家は顧客です^^;)

 

 

YKK AP株式会社にサッシの定義について聞いてみた

YKKさんからはメールでご回答をいただきました。

何度かやりとりをして以下の結論にたどり着きました。

 

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品

・窓 = サッシ + ③ガラス

※ただし、ガラスも含めてサッシと呼ぶ場合もある

※額縁はサッシには含まない

 

 

株式会社LIXILにサッシの定義について聞いてみた

LIXILさんからはお電話でご回答をいただきました。

回答は以下のとおり。

 

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品

・窓 = サッシ + ③ガラス

※額縁はサッシには含まない

 

LIXILの担当の方も現場で曖昧になっているということは認識されているようでした。

ちなみに、LIXILでは商品によって窓の框のことを「○○フレーム」と記載していることがありました。

これについても聞いてみたのですが、

「フレーム」は正式名称としては使っておらず、単に商品の部品や性能を説明するための単語のようです。

 

 

2大メーカーのサッシの定義をまとめると・・・

ひとまず2大メーカーの定義はどちらも同じということが分かりました。

図に書き込んでみますと以下のようになります(オレンジ色の部分がサッシ)

 

サッシの仕組み図説サッシの仕組み断面図

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品(鍵部材等)

・窓 = サッシ + ③ガラス

・障子 = ③ガラス + ④框

 

ただし、定義としてはサッシにガラスは含まれないのですが、

世間一般ではガラスも含めて「サッシ」と呼ばれていることを

メーカー側も認識しているということが分かりました。

 

 

サッシ旧来のサッシメーカーが取り扱っていた金属部品一式部分

もともと日本で「サッシ」という言葉が使われたのは、

窓枠に金属の部材が使われるようになってきてからということです。

また、サッシメーカーはガラスを含まない窓枠部分のみを出荷し、

ガラスは現場ではめていました。

 

元来の「サッシ」は、このサッシメーカーが取り扱っていた金属部品一式の部分

ということがいえそうです。

 

それが、技術の進歩によりペアガラス、トリプルガラス、ガス注入といった製品が登場し

サッシメーカーがガラスをはめこんだものが一般的になってきました。

しかし、ガラスがはめこまれたからといって他に適切な名称はありません。

 

ガラスをはめこむと「窓」なのですが、それでは意味が広すぎますし部品を指す名称としては曖昧です。

むしろ「サッシ」のままの方が分かりやすい訳です。

 

 

この公式を知っておけば迷うことはない

 

・窓 = サッシ + ③ガラス

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品(鍵部材等)

・障子 = ③ガラス + ④框

これだけ知っているだけでも窓に関する説明はかなり理解しやすいと思います。

今後も「サッシ」という言葉はこれまでどおり使われるでしょうし、

メーカーの説明にも当然のように書かれるでしょう。

世の中のほとんどの人たちが、この現状で支障がない以上・・・。

 

 

サッシと障子の違いについて

最後にこちらも触れておきたいと思います。

答えは上にも書いたとおりですが以下のようになります。

・サッシ = ②枠 + ④框 + ⑤部品(鍵部材等)

・障子 = ③ガラス + ④框

 

簡単にまとめると、

障子とは、框にガラスはめたもので、家側の部品は含まない窓本体のこと。

 

なので、サッシには障子が含まれるともいえるし、

障子の一部がサッシともいえる。

サッシと障子が完全な包含関係ではないので混乱する場合があります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ひとまず、これでもやもやは解消されました。

今後も窓は進化していきます。

それにともないサッシの定義はまた変わっていくのかもしれませんね。

 

でわ!



関連コンテンツ