先日、やっとのことで印鑑証明書の承諾をもらった

私道の地主2名に会ってきました。

 

まずは、地主の頭取の80前後のおじいちゃん。

あんまり良い印象持ってもらってないかなーと思っていましたが

この日は快く家の中まで通してくれました。

「新聞でも読んでいてください~」

とても親切なおもてなしにびっくり。

書類も3枚ほど署名と実印をいただくことができました。

お礼をお渡しして帰ります。

これで、3/6完了。ふぅ。

 

続いて、60代くらいの元気なおばあちゃん。

地主の娘さんにあたります。

そうです。地主のご本人が亡くなっている場合、

土地の権利は代々継承されていきます。

今回は、娘さんが子孫代表者となり、実印を押してくれることになりました。

子孫の場合は、子孫であることを証明する、戸籍謄本、住民票も一緒にもらわなければなりません。

これが、一筋縄でいかず、不動産屋社長が交渉を続け、承諾をもらえるのに1年2ヶ月かかりました。

(不動産屋社長は停滞期が長いので、実際はもっと早くできたはず)

 

電話に出られなかったので、ダメ元で車でご自宅までいくことに・・・。

すると、いらっしゃっる・・・

このおばあちゃんとは初対面で、いろいろとお話をして

まだ、印鑑証明書は用意できていないということで

また火曜日に出直すことになりました。

 

いや、自宅まで行ってよかった。

電話だったら、こんなに詳しく話せていなかったと思う。

とりあえず、約束はいただけたので、

これで本当に本当に家建築に向けて

始動できそうな状態になってきました。

 

あと3人!