大雨が降りしきる中いってきました。

営業マンがいなくなってから初めての打ち合わせです。

 

予想としては、営業マンは退職し、新しい営業マンとの顔合わせでした。

 

しかし、しかし、そこにいるのは社長1人。

何の話をするんだろう・・・

 

社長:この度は、いろいろとご迷惑、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

とりあえず、謝罪をいただく。

 

自分:営業マンの病状はどうでしょう?

社長:大分悪く、しばらくは復帰は難しそうです。この間会いましたが、顔がどす黒く、髭もぼうぼうで、覇気もなく到底お客様に会わせられる状況ではありません。

自分:引き継ぎはできそうですか?

社長:体調が悪く、引き継ぎも詳細までは難しそうです。

自分:退職されるんですか?

社長:本人から退職の意向をもらいましたが、生活もあるので休職扱いになると思います。

 

あ~、もう、話すことさえできないのか~~~~。

なんてこったー。。

 

社長:それで、お話があるのですが・・・・

え?なに?いやだ、いやなよかん

 

社長:引き継ぎ作業を進めておりまして、住宅ローンが難しそうなんですね。

自分:そうなんですね。

ぐふっ[脇腹骨折]

と、とりあえず、聞こう。

 

社長:道路が公道に面していないのがやはりリスクで、いろいろ聞いてみたんですが審査に通らなそうです。

自分:そうですか・・・

社長:契約がどうなっているのか詳しく知らないですが、特約というのがあって・・・

 

し、知らんのかーい!!

そういう引き継ぎしてないで、何を聞いたっていうんだー

 

社長:住宅ローンがおりない時は、契約をキャンセルすることができます。

社長:将来的にもご主人様のためにも、ここは一度落ち着いて白紙に戻す方向で考えた方が・・・

 

おいおいおい、何を、何を言いだしたんだ?

正気カーーーー

まさかの、放棄発言!?

営業マンが変わったタイミングでこの話を出す意味がわからないんですけど・・・。

 

なぜ、ちゃんと引き継ぎ、調査もせず、いきなり契約解除とも思える提案を

建築会社からしてくるんだろう?

これは、つまり、建てたくないということ?

重機が入らないから大工が大変?

利益にならない客は切り捨て??

それとも、本当に自分たちのために、住宅ローン下りないのを理由に、

この土地はやめてもう一度良い土地を探したほうが良いという親身なご提案?

 

自分:営業マンさんからは、住宅ローン事前審査で問題なさそうとお聞きしたのですが・・・

 

社長:え?そうなんですか?どこの住宅ローンですか?

自分:全住になります。

社長:そこはまだ聞いてませんでしたね。週明けに聞いてみます。

ほんとに建てたくないということか?

そもそも、住宅ローンに落ちたって証拠がないと、不動産屋にも報告できないでしょう。

 

あーーー分からないっ!!

 

今まで8ヶ月かかって同意書を集めた苦労や、お隣さんやら町内会長さんに

お世話になった苦労、

今まで仕様を選んだり、規格に合わせて間取りを考えてきたり、実際に現地に赴いたり

ショールーム回ったり、莫大な時間はどうなるの!?

走馬灯のように駆け巡る。

引き継ぎの営業マンどころの話じゃないわ。

 

社長:あと、重機が入らないことによる追加工事費が3,400万かかると思います。

 

ぶ、ぶしゃぁぁぁっぁーーー[とどめ、ガクっ]

 

自分:ええ?営業マンからは100万程度と聞いていますが!

社長:根拠がなく言っていたんですかね~、いつくらいに言っていました?

自分:最初からずっとそう聞いてますし、今頃言われても困ります。営業マンと事実確認してください。

社長:分かりました。聞いてみますね。

自分:それで、今後はどういう流れになりますか?

社長:いったん、確認してまた週明けにご連絡いたします・・・

社長:ひとまず今日は、営業マンの件で、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

 

社長!!!!!!!

それ以上にあなたが一番心配を増やしてくれましたからーーー

 

その後も、この土地はやめた方がいいという同じ話の繰り返し。

なんだか、こんなに後ろ向きの話をずっと続けられるんなら、もうここで建てる気持ちもなくなってきた。

 

あー、想定した以上に悪い!

最悪の方向だーーー。

 

社長が出てきて、すっかり営業マンだったころと、方針が変わってしまいました。

今までの流れや、細かい話もなにも引き継がれていないし、最悪です。

買えそうな代わりの土地なんてここ1年まったく出てこないし、今後の当てもまったくありません。

大海原に放り投げられたような気持ちです。。。

 

ただ正直、この土地には思い入れもあるしもう少し頑張りたいです。

建築会社は変わるかしれません。

ZERO-CUBEもなくなる可能性が高くなってきました。

 

今回の打ち合わせは衝撃の連続でした。

社長と営業マンでここまで考え方が変わるとは。

やはり、利益主導の社長と、ノルマ主導の営業マンの違いでしょうか?

いずれにしても、今、私達と建築会社は首の皮一枚のつながりと、あいなりました。

 

また、続きをご報告いたします。