2016/03/30

火災保険・・・高いっす。

これ、10年の金額ですよ。

高すぎっす。

どうも最近改定もあって、さらに高くなってしまいました。

(さらに最長10年までしか入れなくなりました。2015年10月より)

 

通常HMで作る場合、引き渡し前までHMが全責任を追います。

火事などが起こっても、施主には被害は及びません。

 

分離発注の場合、

最初から自分の所有物ですので、施主が全責任を追います。

保険屋さん曰く、上棟したら保険に加入したほうが良い!

ということです。

 

確かに、新築の建築現場を狙った放火事件もありました。

もらい火で火事になることだって可能性は0ではありません。

 

ただ、オープンシステムの場合は、そういう保証はあるらしいので

そこまで気にしなくても・・・と建築士さん。

 

まぁ、どっちみち決めないといけないんだし、

今のうちに調べておいてもいいかも・・・

というわけで調べました。

 

まずは、建築士さん専属の保険屋さんに見積もり依頼。

「見積もりお願いします~」

メールを投げたところ早速見積もりが返ってきました。

 

その額・・・

61万7600円也・・・・・・

 

なにこれ・・・

 

保険屋さんに確認。

私「これは、何年分の保険ですか?」

保険屋「10年更新になります。」

 

なるほど、1年6万円計算ということらしい。

てゆか、10年ごとに60万払うということ??

恐ろしい~~~

これも、一軒家が高くつくという、そんな一因なのかも。。

 

建築士さんにも確認。

この額、さすがにちょっと厳しいんですけど・・・

「省令準耐火にしますか?」

 

そうなんです、

我が家は、北欧風住宅。

ウッディーな感じに仕上げたいです。

木製サイディングに、むき出しの梁、

天井を板張りに・・・

夢ですね~

 

というわけで、建築士さんには省令準耐火ではなく、

木造でお願いしていました。

そして、今回その見積もりです。

 

なるほど、こういうことか~~~。

庶民は木造住宅も建てられないというのか!!

ただし、省令準耐火にすることで、材料代などがグレードアップするので

高くなる場合もあります。

 

しかし、家が存在する限りこの火災保険は払い続けます。

入らないという選択肢も考えられるのか・・・

 

どうもこの火災保険、お隣分はでないそう・・・。

つまり、もらい火で火事になった場合、

自分の火災保険を使わないといけないということらしい。

それこそ、家なし子になってしまうわけです。

また、地震保険も火災保険に入らないと、入れないというシステム。

 

ということで、逃れることはできなさそうなので

なんとか安くなる方向で検討することに・・・。

ちょっと長くなってきたので、つづきは次の記事へ・・・・