前記事はこちら。着工30日目。

 

その後、何度か見に行ってみました。

もしかしたら、見ようによっては妥協できるのかもしれない・・・

 

 

ああ、やっぱり、むりだ。

立派すぎる。。

 

確かにポーチの屋根は、建築士に任せてしまった感があった・・・。

もうちょっと徹底的に伝えるべきだった・・・

そんな後悔モードの中、建築士から電話・・・

 

「棟梁やってくれるということでした~。助かりました。。」

 

うそー、まじですかーーーー

ほんとがっちりつけてしまっていたので、

半分あきらめ気味であっただけに本当に良かった。。

電話口の建築士の話を聞いてる感じでは、

棟梁との間でいろいろとあったのだろうと推測がつきました。

 

翌朝、AM8:00・・・

現場に行ってみる。

 

歩いて近づいていくと我が家の方角から聞こえてくる・・・

「カーーーン、カーーーン、カーーーン・・・・」

 

こんな朝から、なんというけたたましい音でしょうか・・・・

おそるおそる近づいていくと、そこには棟梁が1人すでに取り外しに掛かっていました。

 

釘を抜いている・・・?はずしてる?

てこの原理のような感じで、屋根の接合部を外している音でした。

しかし、棟梁が小さく見えてしまうほどの、この堂々としたいで立ちのポーチを

棟梁おひとりで外すということなんでしょうか・・・

 

挨拶を交わす・・・

「このへんでイィーーーーイ??」

と棟梁。

 

棟梁はとても気さくでおもしろい方です。

嫌な顔せずやってくれていました。

棟梁は、カットされた材木を取り付けただけなので、とばっちりをくらった身です。

人手も少なく、本当に感謝感謝です。

 

「その辺で大丈夫ですーーーお願いしますーーー!」

そそくさと帰りました。

とりあえず、朝一でいってよかった!

 

 

ーーーー夕刻

 

 

じゃーーーん!!

おおぉぉーー、な、直ってるーーーー!!

棟梁サイコー!

これでも十分に立派ではありますが、

最初にくらべれば、ぜんぜんOKです~

 

なんだろう、当たり前のことが、こんなにもありがたい。

大工工事始まった矢先からこんなにハラハラするとは・・・。

今後どうなるんでしょうか・・・

今後は、徹底的に早め早めに細部までチェックします!

 

2016/04/16