断熱のまとめについて、以前書きましたが、

こちら→知っておかないと後悔する断熱材まとめ

その中でも、日本の断熱についてもう少し深く書いてみたいと思います。

 

「断熱材が義務化」と聞いてみなさんどう思うでしょうか?

私ははじめて見た時、

そんなのあったの?今までどうだったの?今さら?そもそも、国が決めること?

というイメージしかありませんでした。

 

ローコスト住宅を目指す私にとって断熱材なんて金持ちの贅沢品!

寒冷地でもないし、ローコスト住宅だったら文句も言えないだろうし

必要最低限で十分なんて思っていました。

 

ただ、いろいろ調べていくと、先進国では国が先導して進めているのが普通で

日本はその中でも最低レベル、義務化、罰則がないのは日本くらい。

あげくの果てに、先進国に笑われているというではありませんか!

 

2010年にドイツで行われたパッシブハウスカンファレンスにて

日本の次世代省エネルギー基準の値を発表したら会場から笑いが起こった。

出典:Wikipedia

なんて、悲しいことでしょう。

このことはNaverまとめでも、さんざんなことに・・・

「窓」のせい?暖房全開なのに寒~い家の原因

寒い日が続く冬。海外と比べて、日本の家って、暖房いれても寒い・・・。それは、「窓」にも大きな原因があるみたいです。

出典:NAVERまとめ

日本の現実

日本の悲しい省エネ建材等級

熱貫流率(U値)

2.33以下 2.33~3.49 3.49~4.65 4.65~
ラベル表示

 

日本の熱貫流率(U値)は2.33以下が最高性能だけど

ドイツは1.3より大きい窓は使用禁止。(小さいほうが高性能)

日本は4を超えるペアガラス製品もよく使用されている・・・

お隣の国々を見ると、韓国は2.7、中国は2.5と、同じ気候帯の国々にも

遠く及んでいないということです。

世界では、1.0台で競い合っているというのに、

日本は、かなりゆるい基準で2015年省エネポイントの対象というからなんとも残念な話。

欧米の1980年代の基準よりも緩い規定となっています。

そういうわけで、普及品の窓=低性能・・・というのが今の日本の現実のようです。

世界基準の性能の窓=需要少ない=高価格

日本では、世界基準の窓を取り付けるのも庶民にはきついというのが

現状ということでしょうか・・・。。

なんだか、ペアガラスとかlow-e、アルゴンガス注入とかで喜んでいた自分や、

営業マンが悲しく思えてきました。

ちゃんと、枠まで含めて、性能(U値)を見ないといけなかったんですね。

さらに言うと、枠と窓の間のスペーサーもアルミではなく、樹脂が良いということですよ。

いくら、良い窓つけたつもりなのに、なんだか寒いな~と思って調べてみたら

実は世界基準で見ると普通、または、

全然低かった!!というケースも多そうです。

まさに、井の中の蛙。

悲しい日本の住宅事情です。。

 

次世代省エネルギー基準

これに業を煮やしてか、ついに日本の重い腰が動き出す。

2013年10月 1999年来続いてきた基準がやっと改正

2015年4月1日 住宅に対しても新たな省エネ基準が完全施行

2020年 断熱性能の義務化が施行される

2030年 ZEH(ゼロエネルギーハウス)

2050年 欧米の基準に追いつく!

という計画だそうです。

なんとも、気の遠い話です。

 

今現在は、すでに新しい省エネ基準が有効となっています。

が、法的な強制力はなく、メーカーやHMの良心にゆだねられる・・・ということです。

 

何やってるの日本の業界やメーカーは?

そうなってくると、自然とわく疑問。

世界に笑われて、恥ずかしくないのか?

会社として、業界として、それでいいのか??

お役所にまかせてていいのか????

特に業界をリードする、リクシル!YKK!三協アルミに問いたい!!

・・・と思ったらありました。こちら。

リクシル→こちら

YKK→こちら

三協アルミ→こちら

なんと、メーカー各社高性能商品を出してきていますね!

あとは、それを利用する側の問題ということでしょうか。

はやいところ普及させて庶民にも手の届く価格帯にしていただきたいところです。

それには、HM、工務店がどんどん積極的に使っていくしかないですね。

もちろん、施主の知識アップも重要ですね。

 

おまけ、窓に結露が発生するかどうかはとても重要

「建築物理上、結露を引き起こすのは誤った設計であり、人の健康を害するから瑕疵である」

出典:日本経済新聞

窓に結露なんてあたりまえと思っていましたが、違うようです^^;

 

窓ばっかりじゃなく、枠やスペーサー、すべてをトータルで考えることが大事なんですね。

メーカーからは世界基準の高性能窓商品は既に発売されていますので、

世界基準の窓の家を建てることは可能です。

あとは、施主の知識と予算の問題になりそうです。

しばらくは、妥協ポイントをさぐっていくしかないのかもしれません。