前記事はこちら

 

今日も悩んでいます。

今日の悩みは壁をどうするか。

 

壁紙とするか、塗り壁とするか。

希望は塗り壁・・・^^;

でも漆喰なんて庶民には到底むり。

 

建築士にも、コスト的には壁紙が一番といわれています。

最終手段は、塗り壁DIY・・・。

 

というわけで、素人でも手に入る塗り壁材のお値段を比較してみました。

画像 商品リンク 塗れる面積の目安 重さ当たりの価格 平米単価(円/㎡)
漆喰うま~くヌレール 5kg缶で4.5㎡ 5kg  4,698円
18kg 14,256円
¥880
ひとりで塗れるもん 11kgのサイズで塗布面積が10m2 4kg  3,570円(カラーはホワイトのみ)
11kg  6,664円
22kg 10,079円
¥504
Vegeta WALL(ベジタウォール) 16kgで8.8~12㎡(畳6.6枚分) 16kg 8,000円 ¥909
漆喰easy(シックイージー) 3kg缶で塗布面積6㎡ 3kg  4,860円
10kg 11,880円
16kg 17,280円
¥540
しっくい達人 3kg缶で塗布面積6㎡ 3kg  5,130円
10kg 14,390円
¥720
タナクリーム 20kg約10㎡ 20kg 10,800円 ¥1,080
ケイソウくん 18kgで約14-15㎡
5kgで約3~4㎡
18kg 18360円 ¥1,311
シラス塗り壁材 ボルカ  8kg  約3.3~5m2塗れます。  8kg 5,100円 ¥963
カオリンの壁 パーフェクトウォール カオリンの壁  13.2㎡(4坪) / 1袋7.5kg 7.5kg 13,200円 ¥1,000

 

注目すべきは上の表の平米単価

通常の壁紙がだいたい500円/㎡なので、それとの比較になります。

いろいろありますが、500円代の商品があることも分かりました。

最近話題のシラスはやっぱり高いです^^;

 

ただ、値段が同じだからといって安心はできません。

職人さんに支払う工賃が問題。

下地(パテ塗り)に関してはどちらも同じですが、

塗り壁の場合は、二度塗り、三度塗りが必要な場合もあり、

その分工賃も上がっていきます。

 

あと、意外と気にしていなかったのが天井。

天井の面積って結構あるんですね。(壁と違って開口部分もない)

それもあってか、天井の壁紙は安いシリーズをおすすめしている

住宅会社も多いのではないかと思います。

 

そもそも天井なんて近くでみることも触ることもないし、汚れることも掃除することも

めったにないので、安い白で十分ですよね~。

それに比べると、天井を塗り壁にすると、そこはやはりコストアップは避けられません。

ただ、天井だけ壁紙という手もありかな・・・と思ったり。

 

これは検討の余地ありっ。

まずは、サンプルを請求したいと思います!

 

2016/05/12



ネットの工事予約は1ヶ月以上かかることも!ご予約は計画的に!