前記事はこちら

 

いろいろ分かってきたローコスト塗り壁材「ひとりで塗れるもん」。

ほかにも塗り壁材あるんですが、

色のバリエーションとコストで、これが大本命となっております^-^;

 

 

 

今回は、実際に現実的に予算におさまるかどうか、

試算をしてみたいと思います。

 

ステップとしてはこんな感じ。

ステップ1.どこを塗り壁にするか決める

ステップ2.タテ×ヨコで面積を出す

ステップ3.総面積から必要な材料数と材料費を算出

 

 

ステップ1.どこを塗り壁にするか決める

これはかなり悩みました。

全部塗り壁にするか、一部壁紙にするか・・・。

 

結論・・・。

1階はオール塗り壁+塗り天井

2階はリビングキッチンのみ塗り壁+塗り天井

 

分かりやすいように、色分けしてみました。

黄色と赤の部分が塗り壁です。

それ以外は壁紙。

赤の部分は、プロに依頼することにしました。

2階の天井は吹き抜けなので、素人では危険すぎるだろうと建築士さんからのアドバイス。

 

ちなみに、1階は一部ペンキを塗ることにしました。

緑の特殊素材と書いている壁部分です。

コストカットと、時間短縮のためです。

ちょっとやってみたかったというのもあり^m^

 

建築士さんにも見せました。

あんのじょう、心配なご様子^^;

そりゃあそうだ~~~。

他の工事スケジュールに間に合うのか・・・と。

1Fなんて全部ですよ。怖いもの知らずとはまさにこのことでしょう。

 

 

ステップ2.タテ×ヨコで面積を出す

素人なのでざっくりですが、タテヨコを出して総面積を計算しました。

こちら↓ 赤枠が塗り壁の部分です。

 

この作業が地味に大変。

家の壁の面積なんて普通、計算しませんからね。

職人さんはこれを普通にやってるわけですから、すごいと思います。

 

そして、分かったこと・・・

天井広っ!

 

全体の三分の一が天井です。

あたりまえといえばあたりまえ。

ただ、天井塗るのめっちゃ大変ですよーという建築士さん。アハハハハハ…。

 

 

ステップ3.総面積から必要な材料数を割り出す

 

塗り壁材のトータルは、

天井4.1缶 + 壁6.9缶 = 11缶(22kg)

1缶だいたい1万2千円なので、約13万円。

 

あと、忘れてはいけないのが副資材!

これもいろいろ調べました。

詳細は長くなるのでまたどこかで書きたいと思います。

 

・寒冷紗テープ:10ロール ・・・5千円

・コーナーテープ:2ロール ・・・3千円

・パテ:5缶        ・・・1万円

・コテなど         ・・・1万円

・パレット4つ       ・・・3千円

・ひとりで塗れるもん    ・・・13万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小計:161,000円 (かなりざっくり)

 

 

時を同じくして、建築士さんから壁紙の見積もりが到着。

こちらが18万円ほどでした。

面積は塗り壁の方が広いのに、壁紙の方が高いですね。

 

・塗り壁:161,000円

・壁紙 :180,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計:341,000円 (かなりざっくり)

 

 

34万円・・・・・・

個人的には思っていたよりは抑えられたのかなと思いました。

もし全部塗ってもらったら、人件費で予算を軽くオーバーしていたと思います。

 

建築士さんにも、予算内に収まっているという承認をもらいました。

ということでひとまず予算の問題はクリアということに。

 

これで、いよいよ塗り壁が現実味をおびてきました!!

あとは、決断するのみ!

 

次回につづく・・・

 

 

※ちなみに、ひとりで塗れるもんより商品提供、報酬など一切受け取っておりません。

完全なる個人的なレビューを記載しております。あしからず。^^;

 

2016/05/12