本日は大安晴天なり。

 

今日は、二転三転した地鎮祭の日。

一時は自前の簡易地鎮祭に傾いていましたが、

周囲の意見と、やりたくないわけではなかったのもあり

今日のこの日となりました。

 

式の開始は13時。

しかし、なんと今週、我が家は嘔吐下痢症に集団感染。

お供え物がまったく準備出来ていない。。

 

ちなみに、用意できているもの。

・テント(二畳のものを楽天で購入、借りると9千円とか)

・竹4本(奇跡的に家の前の空地に)

・砂(ホームセンターで10kg350円を2つ購入)

・初穂料(二萬円)

・酒(松竹梅というお酒に奉献とのし入れ)

 

そして用意できていないもの

・丸椅子(ダスキンで200円×12脚・・・予約済)

・鯛

・野菜(大根、キャベツ、芋、茄子、人参)

・果物(バナナ、みかん、ぶどう、りんご)

・乾物(昆布、するめいか)

・その他(米一合程度、塩、水)

 

神社が用意してくれるもの

・祭壇

・注連縄(しめなわ)、紙垂(しで)

・お供え物の器、酒瓶

・鋤(スキ)、鍬(クワ)

・玉串(7本)

 

まずはダスキン、9時からやっているので椅子をピックアップ。

そのままスーパーで買い物。

ついでに、挨拶回りお菓子をゲット+のしいれ

水とお茶もケースで買っといた。

 

なんだかんだであっという間に12時。

現場に向かうとすでに建築士さんが家の建つ位置を

ビニールひもで引いてくれていました。

よく皆さんが言っている

意外と小さいー

がそこにはありました。

 

建築士さんはビシっとスーツで、なんか厳かな雰囲気。

うちらは普段着。。

なんか、気軽に考えていた地鎮祭がこの瞬間

あー、一生に一度あるかないかの貴重な日なんだ。。

と、ひとりかみしめる。

その横で子供ははさぎまわる・・・

 

棟梁や電気屋さんともここで初対面。

なんか、とても人の良さそうな方ばかりで超安心。

 

いやいや、準備準備!

本日二回目となるテント(タープです)を慣れない手つきではる・・・

風で飛ぶ・・・

 

棟梁が即席で杭を作ってくれまして

めちゃ頑丈に固定。

そこに竹を結びつける。

砂は建築士さんが慣れた手つきで山にしてくれてました。

椅子を並べ、一息付いたところで

若いいけめん神主登場!

 

今日は大安でうちが三件目なんですって!

祭壇やら運ぶのを手伝いつつ、親戚が集まりだし

紹介やら挨拶大会。

 

神主さんは着々と準備を進めなんとか無事13時ジャストにセッティング完了!

ふえーぎりぎりー。

 

私達と建築士事務所の名前などを紙に書き

式の流れの説明を受けました。

神主さんとても詳しく教えてくれるので助かるー

鍬入れの順番ややり方も段取りし、式開始!

 

降神の儀

「おおおおおおおおぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーーー」

これが噂の!!

神様を地上に呼び出します。

 

四方祓

神主さんと建築士さんが四方にお祓い。

これで、土地が清められました。

 

地鎮の儀

大きな声で3回

エイ、エイ、エイ

やりました!

ここは役になり切るのが大事!(と自分にいいきかせる)

施主と工事代表が行います。

 

玉串奉奠

玉串を祭壇に献上して二礼二拍手。

この時に工事の無事を祈ります。

しかし、この作法を短時間のうちに覚えないといけません!

玉串を右手を上にして持ち

両手で持って祈願、右回転して祭壇に置く、

二礼二拍手する・・・短時間なので焦ります^^;

神主さんの笛演奏付きでした!

 

昇神の儀

神様が天に帰っていきます。

 

最後にお神酒を神主さんが配り、神主さんの音頭で

乾杯ーーー―!

(神主さんが乾杯!?)

 

 

・・・おわった。

 

 

30分程度の短い式でしたが

とても濃い厳かな30分でした。

 

地鎮祭自体は、とても良い記念になりました。

親戚に土地を見せるという良い機会にもなりました。

お祓いもしてもらい、気持ちも新たに次に進めそうです。

 

とりあえず椅子はあって正解。

特に我が家は老齢の方が多かったので。

安くでレンタルできたダスキンに感謝!

テントは無くても良かったですが、

天気次第なので用意は必要。

あと、竹を結びつけるのにも使えます。

本当は参列者全員が入るサイズを用意しておかないといけないんでしょうが

家庭用のタープで祭壇だけを守る方向でいきました。

 

というわけで、いろいろありましたが、我が家では地鎮祭はやって正解だった

という結果になりました。

ただ、自分ですべてやるのはなかなか大変。

その分、HMの営業マンはいろいろ頑張ってるってことですね。

 



関連コンテンツ