住宅ローンについて勉強しよう・・・

当初は、フラット35・・・それ、聞いたことある。程度の知識しかありませんでした。

しかし、そんなことでは営業マンとの情報戦で負けてしまう!という危機感から勉強をすることに・・・。

 

まずは、本といえば定番のAmazon。

近くに大きな書店がないこともあり、人気の書籍が探せるのもネットのいいところ。

他の書籍と読み比べたわけではないので、おすすめの書籍とは言えませんが

目次や口コミを参考に選んだ本達をご紹介したいと思います。

 

■住宅ローンとは・・・入門書

・図解わかる住宅ローン2014-2015

これは唯一書店で中身をぱらっと見た本です。

住宅ローンとはなんぞや・・・というところから初まり、

金利のことなども勉強した初めての本です。

1セクションが見開き2ページで簡潔にまとまっていて、

イラストやグラフや表が要所に入っているので、初心者に向いています。

公平な視点から書かれている点や、最新の情報が記載されているという点も

最初に読む本としてはよい本だなと思いました。

その中でこの本を買おうと思ったタイトルがこちら・・・

「自己資金が少ないケース」「年収が足りないケース」

他にも、いろいろなケース別購入方法が書かれているのは

今後の方向性を後押ししてくれる一助となりました。

 

・うさぎのローン カメのローン 改訂版

なんだか、かわいい表紙とタイトルに読んでみたくなりました。

(漫画ではありません^^;)

星の数もとても高いところもポイントでした。

タイトルのとおり、ウサギとカメが登場してきます。

実際の住宅ローンの現場を物語のような感じで

読んでいくことができます。

かわいい見た目に反して中身はなかなかレベルが高いと思います。

 

■住宅ローンの実際のところ、テクニック、知らないと損することなどを学ぶ本

・住宅ローンはこうして借りなさい

銀行10年固定、フラット35で悩んでいましたが、

どちらがお得なのか?どちらが向いているのか?

銀行だとどこで借りるのがいいのか?

そんなことを悩んでいた時期に購入しました。

「落とし穴」「オススメ」「ウラ側」そんな文字に触発されて購入しました。入門書には書かれていないことも多々あり、面白い本でした。

 

・住宅ローンを賢く借りて無理なく返す32の方法

上記の本とかぶる部分も多々でてきますが、

セカンドオピニオンとして他の意見が書かれた本もよみたくて購入しました。

32個にまとめられたというフレーズも気にいってしまいました^^;

「図解わかる住宅ローン」よりカジュアルに、「住宅ローンはこうして借りなさい」よりは

スタンダートな内容が書かれているイメージです。

 

■住宅ローンの実際の商品を学ぶ本

・住宅ローン・ランキング

こちらは、実際どれに申し込むか、

営業マンが進めてきた商品は本当に大丈夫か?

などを調べるために購入しました。

この5冊のなかでもっとも薄い(100ページに満たない)本ですが、

フラット35のランキング、ネットバンクなどの情報が紹介されているのは

とても良かったです。

 

営業マンと住宅ローンの話をするのであれば、

1冊めの「図解わかる住宅ローン」に書いてあることさえ抑えておけば特に会話に支障はないかなと思います。

さらに、ウラ側の話や、商品についてまで勉強しておけば、

営業マンによってはその上をいくかもしれません。

 

というのは、経験的に住宅ローンの知識はかなり営業マンによって異なり、

フラット35が良いという人もいたり、銀行が絶対安い!という人もいたりします。

会社の方針もあるかもしれませんが、

お客さんの状況や考え方をヒヤリングした上での助言であればいいのですが、

何の前提もなくそういう偏ったことを言う営業マンや会社は心底信用できないなと思ってしまいます。

 

私の契約した営業マンはとても中立的で

それぞれのメリット、デメリットを説明した上で、最終的にお客さんに決めてもらうというスタンスで

なおかつ、本人の実体験やなども細かく教えてくれたのでとても信頼がおけました。

たくさん営業マンとお話してきましたが、ちゃんと勉強していて、

お客さん目線で話してくる営業マンの少ないこと少ないこと。

 

私のエリアだけでしょうか?



ネットの工事予約は1ヶ月以上かかることも!ご予約は計画的に!