マイホームデザイナーを購入したという記事を以前書きましたが

早いもので、あれから2年が建ちました・・・。こちら

その間、建築会社との契約解除なんていう衝撃的な事件もありましたが、こちら

この間も間取りは少しずつ改良を重ね、最終的にはバージョン50。

 

しかし、これだけ作って、ローコストで極限まで無駄を削り、

妥協なしと言える間取りは最後の何枚かだけ。

間取りの難しさを身にしみて感じました。

ちょっとだけ、その変遷を記録しておきたいと思います。

 

No.001 ゼロキューブ カスタマイズ

%e4%bf%ae%e6%ad%a3

 

 

■立地:西側に通路、北南は住宅が隣接、東は雑木林が越境

■ポイント:

・ベースは1000万円ゼロキューブ

・2Fで生活スペースが完結すること

・2Fは回遊性があること

・1Fは多目的スペース、将来的には店舗としても使えること

・開放感を重視すること

■間取りの説明:

最終バージョンと方針は変わっていませんが、

階段など実現困難なことに・・・;

和室や子供部屋も中途半端なサイズ・・・。

 

ゼロキューブの間取りをベースに作成した記念すべき第1号。

「間取りの変更できますよ!」

という営業マンの言葉をそのままに予算も考えず

自由にカスタマイズした間取りです。

もはや、自由設計ゼロキューブとなっています。

 

マイホームデザイナーの使い方も良くわからないまま

作りましたが、使いやすいのもあり、

思ったよりも簡単にこれくらいであれば作れました。

 

ここから長い旅が始まります。