近々、フラット35で住宅を買われる方に朗報です。

これは先にご報告しておかなければなりません。

 

2016年7月末に無事引き渡しを受けまして、

フラット35の金利が確定いたしました。

 

その利率・・・

0.33%  (2016年7月適用)

 

脅威の0.3%台前半!!!!!!!!!!!!!!

信じられますか!?

3度見、いや5度見はしたかもしれません。

 

ただし、これには少しからくりもあります。

・0.6%の金利優遇が適用されています。(平成28年1月29日の申込み分迄)

・最初の10年だけがこの金利となります。

・フラット35S Aプランとなります。

 

計算式は下記のとおりです。

・フラット35S 7月金利 : 0.930%

・金利優遇キャンペーン:-0.6%

——————————————————–

合計: 0.330%

※借入期間は35年。借入額2700万円。

 

家づくりをはじめたのが2014年5月・・・。

その当時で、1.7%くらいで、それでも低金利時代と言われておりました。

そこから月日は流れ2年半・・・

2月16日、歴史的な日銀のマイナス金利の導入を受け、

それから、住宅ローンは下がり続け、

ついに7月の金利は1%割れ。

 

単純計算で1.4%下がったことになります・・・。

1.4パーセントて・・・

0.1%の変動で、35年払い3000万借入で支払総額が50万円変わるという

試算があります。

・・・・・・

最初の10年が0.3%で、10年後から0.6%上がって、、、、、

 

ただ、現実的に明らかに目に見えているものがあります。

そうです、毎月の支払い額。

当初は7万円半ばほどでしたが、

決定額では6万8千円となっておりました。

10年後からでも7万3千円・・・。

 

建築士、保険屋、司法書士の先生・・・

みなさんが口をそろえて、これなにかの間違いですよね・・・

こうおっしゃるのですから、

お世辞を加味したとしても、これは本当にありえない時代にいる

のかもしれません。

 

すまい給付金30万円も大変嬉しい存在ですが、

それ以上に、住宅ローンのこの金利は多大な恩恵をもらっている

ということになります。

 

最後に、フラット35融資手数料52万4880円(税込)だったことを

付け加えておきます・・・。

無の境地で入金!!

 

【フラット35】業界最低水準の手数料は優良住宅ローン