前記事はこちら

 

こんにちわ!

 

今回は、前回少しご紹介した

手すりDIYについて書いていきたいと思います!

 

 

取り付けるアイテムはこちら!!

カワジュン

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631レビュー

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 定価2,052円 商品はこちら

カワジュン ブラケット エンド KH-633-038 定価3,240円 商品はこちら

※オンラインショップではもう少し安いでした。

 

 

もう「カワジュン」は知る人ぞ知る、おしゃれな建材を開発販売しているその界隈では超有名な会社さんです。

カワジュンのホームページはこちら

 

 

なんで階段手すりをDIYすることになったのか・・・

 

普通は大工さんが内装最後の方で付けてくれます。

なんでDIYになってしまったかというと

階段手すりの取り付け位置を決める際に、両サイド付けることも少し検討したのですが、

建築士さんに狭くなるからという理由で、その時は却下されたのでした・・・

 

その後、直行階段という危険性や、年配の方のためにも両サイドに手すりがあった方がいいなーと

思うことが多々ありました。

やっぱりちょっとでも付けたいと思ったものは

付けたくなるんですね~。そりゃあそうだ。

 

 

手すりは余ったウッドワンの階段手すりで材料代0円!!

 

階段手すりは前回でもご紹介した

ウッドワンの「手すり丸型M35ウォールナット」です。

ウッドワン手すり丸型M35ウォールナットレビュー

 

なんと、この手すりがちょうど1.5mほど余っていました。

(分離発注は余った建材は全部自分のものになります)

 

このウッドワンの手すり、とてもナチュラル感があってとてもおしゃれなんですよね~。

ウッドワン手すり丸型M35ウォールナット表面模様

 

 

ブラケットはカワジュン

 

既に付いている片方のブラケットはウッドワン製です。

なんでウッドワンに統一しなかったのか・・・

 

その理由は、エンドがカワジュンの商品がかっこよかったんです!

↓ ↓ ↓ こんな感じ

カワジュン ブラケット エンド KH-633-038 レビュー

階段の出入り口側の手すりは、衣類やバッグがひっかかることがあるので、

それを防ぐためにカーブのキャップをつけたかったんです。

ウッドワンの手すりとも直径サイズが合ったのでこちらに決定しました。

なんせ、カワジュンですしね!

 

 

取り付け位置に苦戦!!

 

取り付ける位置はこちら。(点線部分)

1階に向かって右手側の手すりを取り付けます。

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 取付位置 DIYレビュー

 

 

最初は、高さを測って、穴の位置を決めて、ねじをしめて固定すれば簡単だろう~

なんてくらいに考えていました。

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 階段の取付位置 DIYレビュー

ところが、ところが・・・・

 

位置決めにかなり苦戦しました。

 

右側の手すりの高さと同じにすること、

ブラケットのサイズが同じじゃないとこと、

エンドを付けるので、手すりの長さに合わせてミリ単位で調整が必要ということ。

エンドをつけなければもっと簡単だっと思います。

 

四苦八苦してなんとか位置決め完了。

 

 

ブラケット取り付けDIYトライ!

 

まず決めた穴位置にドリルでネジ穴より少し小さな直系の穴を開けました。

そして、取り付け!

 

無事、片方つきました!

手すりってこんな構造になってるんですね。初めて知りました。

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 取付方法 DIY

 

上側も取り付けて何とか完成!

体重を乗せることもあるのでかなり頑丈に取り付けました。

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 取付方法 DIY 全体

 

 

手すりにブラケットを取り付けていく

 

これまた苦戦。

 

ウォールナットの手すりが固くてつるつるして、なかなか下穴が開きませんでした。

他にも、ねじが上向きであること、

ねじが電動ドリルではなめてしまったことなどもあり力が入れにくい!

 

やっとかっと下穴を開け、ねじをねじ込んでいきます。

割れたらいやなので慎重に・・・。

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 取付方法 DIY ネジ

 

苦戦の結果、なんとかねじ込み成功!

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 取付方法 DIY 施工写真

 

 

最後はキャップをつけるだけ~!

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 取付方法 DIY カバー取付

 

 

完成―――――っ!!

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 取付方法 DIY 完成

 

 

どうでしょう?ちょっと狭く見えます?

カワジュン ブラケット(壁付用) KH-631 取付方法 DIY 取付方法レビュー

 

 

しばらく使ってみた感想ですが、

付けて正解!!

でした。

 

上がる時も両手でつかまって上がると楽ですし、

下りる時も両手で手すりを握りながら下りている自分がいます。

そして、安心感がアップしました。

足腰が悪い方にもおすすめです。

 

 

冷蔵庫が通らないの問題が発覚!!

 

その後、なんと階段の幅で問題が発生しました。

それが、250リットルクラスのやや大きめの冷蔵庫。

 

電気屋さんが事前にチェックに来てくれましたが

階段手すりが邪魔で通れないことが発覚しました!!

 

泣く泣く、手すりを取り外すことになりました。

ただ、その時は片方しかついてなかったので、本当によかったです。

もし、2階に大きめの冷蔵庫を置く予定がある場合は、

階段は場にご注意くださいませ。

 

 

下地だけは付けといた方が絶対おすすめです!!

 

今は付けないけど将来付ける可能性があります。

その際、ブラケットやエンドの取付位置に柱がないと困る場合があります。

体重をかけるので、しっかりした下地が必要です。

なので、新築の際に下地だけ付けてもらうことをおすすめします。

我が家の建築士さんと棟梁は下地は無料であちこちつけてくれました。感謝感謝!

 

 

そんな、なかなか苦戦したカワジュン階段手すり、大成功DIYでした。

 

2017/02/17