ローコストでおしゃれな北欧風住宅を建てたい!

 

ローコストで北欧風住宅を建てるをコンセプトに、

さまざまな出来事を記録していくのも兼ねて綴っていきたいと思います。

ハウスメーカーの格安規格住宅をベースに、

予算内で可能な限り外観、内装こだわった妥協の少ない家にしたいと思っています。

目標は土地家込総額2,400万円、完成2015年夏!

 

 

追記:

我が家が完成しました!

2016年我が家は無事完成いたしました。

→こちらの記事

今後もまだまだ書き足りていないことが山程ありますので、

書き終わるまで書き続けていきたいと思っております。

 

目標は残念ながら達成できませんでしたが、

駅前土地600万円、家本体価格1300万円、

総額2600万円程度に収まることができました。(家電・家具除く)

 

 

このブログのおすすめの読み方

家が建つまでに長くかかってしまい、その中でいろいろな事件が発生したため

とても記事数が多くなってしまいましたT-T

はじめての方向けに、簡単に全体の構成をご紹介いたします。

 

期間としてはこちらの4つに分かれています。

1.1社目の建築会社 ZERO CUBE編→リンクはこちら

2.2社目の建築事務所 分離発注編→リンクはこちら

3.WEB内覧会編→リンクはこちら

4.外構DIY編→今後作成予定・・・

 

それぞれを簡単にご紹介しますので、不要なシーズンは読み飛ばしていってください!

 

 

1社目の建築会社 ZERO CUBE編

1社目は右も左も分からないまま契約したZERO CUBEのハウスメーカーでした。

その後、いろいろとトラブルが相継ぎ契約解除になってしまいましたT-T

でも今は、このトラブルのおかげで今の大満足の家をつくることができたので

貴重な失敗経験ができたと思っています。

このシーズンの記事を読む

 

2社目の建築事務所 分離発注編

分離発注という契約形態があるのをご存知でしょうか?

簡単にいうと、施主と業者が直接契約を結び、建築士はそのディレクター役という

あまりメジャーではない契約形態です。

 

時間がかかったり、保証の点でデメリットはあるものの

原価(業者価格)であらゆる材料、設備(キッチン、お風呂、トイレ全部)が購入できます

ようは「オール施主支給」です^^;

我が家のローコスト住宅の実現にはこれが欠かせないものとなりました。

 

ひとつだけ付け加えておくと、

安かろう★かろうのローコストハウスメーカーの家とは違い、

ワンランク上の高スペックでローコストにできるのが分離発注の最大のメリットというのが今の実感です。

このシーズンの記事を読む

 

WEB内覧会編

多くの方に知っていただきたいことや、今までのことをまとめながら書いています。

ここにすべてが凝縮されているので、お時間が無い方はここだけ見れば全体をざっくりと知ることができると思います。

現在、少しずつ書いておりますので温かい目で見守っていただけると幸いです。。

このシーズンの記事を読む

 

外構DIY編

外構はローコストですべてDIYで行います。

WEB内覧会が終わるまでもうしばらくお待ちください。

 

 

以上、全体の構成のご紹介でした。

読みやすいように試行錯誤しながら進めているのですが、まだまだ改善途中です(+_+)

こんなブログですが少しでもお役に立てれば幸いです。

 

今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m



ネットの工事予約は1ヶ月以上かかることも!ご予約は計画的に!