建築会社と9月に契約して、早9ヶ月が経とうとしています。

 

この度、正式に建築会社と離縁することが決定いたしました。

ここにご報告させていただきます。

 

社長:もしもしー、土地の確認をしてきましたー。

あれ、一緒に行く約束じゃ・・・

 

社長:やっぱりですねー、隣地に重機は入らないということでしたー。

入ったとしても、クレーンがお隣の屋根を超えるので、倫理上できないということですー。

壊した時も問題になりますしね。

自分:あぁ、そうなんですか・・・小さいミキサー車とか、トラックは入ると思ったんですが・・・

社長:いやーだめみたいですよー

 

だめだこりゃ、何とかしてやろうという誠意はないようだ。

やる気もないし、むしろやりたくなさそうなので、こちらももう気力もない。

 

自分:分かりました。では今後はどうなりますか?

社長:いったん契約を白紙ということで大丈夫ですよー。

弊社も、設計や営業費、相当な経費がかかっていますが、今回は、営業マンの体調不良などもあったので、ご請求などは一切いたしませんのでご安心ください。

 

なんだか、恩着せられているような気がしつつも、金銭トラブルはなさそうでヨカタ・・・

 

自分:それでは、明日伺いますので、手続きなどお願いします。

社長:分かりました。早いほうがいいですしね、お待ちしております。

 

というわけで、営業マン降板→建築会社の建築放棄という形で、この契約は破断となりました。

明日、正式な手続きはすることになりますが、これ以上この建築該社と話をすることはなさそうです。

 

とうとう首の皮一枚が、今日切れました。


明日は、今までのこと洗いざらい聴取してやろうと思います。