みなさん、こんにちは!

今回からWEB内覧会「キッチン編」を書いていきたいと思います!

ごゆっくりと見ていってくださいませ^^

 

前回の記事はこちら。

 

 

キッチンのこだわりポイント

 

キッチンってこだわりポイントがいっぱいありますよね。

どれから書こうか迷います^^;

ちょっとまとめてみました。

 

・明るくリビング一体型のカウンターキッチン
・ウッドワン・スイージー(セレクトパック)を採用
・電気じゃなくガス
・食洗機はつけない
・天板はフラットなステンレス
・サブウェイタイルをDIY
・ガスレンジ、水栓、レンジフードは施主支給
・吊戸はチェッカーガラス
・棚とカウンターは作ってもらう
・ゴミ箱スペースはたっぷり目

 

まだありそう・・・

ひとつずつご紹介していきたいと思います~

 

【キッチン空間こだわりポイント】一番明るいところにキッチンを置く

 

今まで住んでいた実家のキッチンが1階の北にありました。

それはそれは、暗くて、年中寒いキッチンでした。

その教訓も有り、キッチンは南東の一番明るいところに配置することに。

 

WEB内覧会間取りリビング

 

窓も大きいのが欲しかったので、

東側に大きな横長のFIX窓、南側は、全面すりガラスの勝手口に。

この効果は絶大で、気がつけば、家の中で一番明るい空間になっていました。

2階で遮るものがなかったというのも、明るくできた大きな理由だと思います。

 

 

カーテンはダイソーで材料を買って作りました。

意外と悪くないですよ。

 

この窓は、我が家の猫もお気に入り (^・ェ・^)

窓の猫の陰

 

南東のキッチンは食材がイタみやすい?

これは、前から聞いたことがありました。

これを承知でこの間取りにしたわけですが、実際はというと

 

問題ないかな~~~

 

という感じ。

確かに、1階に比べれば気温は高いですし、直射日光も気をつけないといけません。

特に南側の勝手口周辺は気温差があるので

そのあたりは食材は置かないようにしています。

 

でも、3年住んで、南東キッチンやめときゃよかった~と思ったことは一度もないです。

最近の家は断熱性能が高いし、循環がきいてるのもあるのかもしれませんね!

 

キッチンはリビングの一部

 

そして、もう一つの空間のこだわりポイントは、

とにかく広く見せることでした。

 

リビングとキッチンの面積は、合わせて14畳。

この限られた空間で少しでも広く見せるために

リビングとキッチンの壁はなくしました。

 

そのために必要だったのが、この大きなサイド型のレンジフード。

 

これ、高いんですよね~~~><;

 

通常、I型キッチンはガスレンジの前に壁あって、その上にレンジフードがあるのが普通なのですが、

こやつが、強力に吸い込んでくれることで、その壁をなくすことができました。

サイドレンジフードは高くなるよ~というのは、建築士さんも事前に警告を発していらっしゃいました。→こちらの記事

施主支給でも10万以上しましたので。。(今見たらめっちゃ安くなってる orz…↓)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[FY-9DPG2L-S]パナソニック レンジフード サイドフード 左壁設置用 …
価格:60329円(税込、送料別) (2021/2/8時点)

楽天で購入

 

 

あと、気になるのは油はねですよね。

前面にガラスを付けるかという話もありましたが、

建築士さんもそこまで押してくる感じじゃなかったのもあり、そちらは自然消滅に。

 

そして、実際住んでみてどうだったか?

3年目でこんな感じ。

ガスレンジ前の油はねチェック

 

ガスレンジ前の油はねチェック

 

ちょっと分かりにくいですが、

今のところ、目につく油汚れはなさそうです。

 

特にアルミカバーなどもしていないので、ここまでは大きい粒は飛んでないのかな?

塗り壁が吸い込んでる??なわけないか。

タイルには油が飛んでいるので、そこでブロックできているのかも??

 

いずれにしても、今のところ何も支障は出てないので、

壁なしでも問題なかった~というのが、個人的な感想です。

ちなみに、塗り壁は濡れ雑巾などで強く拭き取るのができないので、

塗り壁の汚れは気を使う~~~><

 

まとめ

というわけで、1回目はキッチン空間のこだわリポイントのご紹介でした!

結果的に、キッチンを中心に間取りを考えたのは正解だったかな~と思います。

朝日が入ってくるキッチンサイコーです!

 

次回はスイージーの全貌をご紹介したいと思います。

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA