前回の記事はこちら

 

前回は長々と我が家の照明事情を話してしまいましたが、

今回は、ライティングレールで勾配天井のリビングがどれくらい

明るくなるか検証レビューしていきたいと思います。

 

※ページの下の方に検証動画を追加しました。

 

それでは、ごゆっくりと見ていってくださいませ^^

WEB内覧会のすべての記事は→こちら

 

 

ローコストで調光環境を実現するLED電球

 

今回使用する電球はビームテックさんで購入したこちらの電球。

 

調光可能LED電球 ビームテック LB18269W2C-B-WIFI

 

大きさは普通のLED電球と変わりません。

明るさは60W相当で一般的な電球と同じです。

照射角度が330度となっているので、電球部分が金具部分をだいぶはみ出していますね。

広い範囲を照らしてくれそうです!

ちなみに演色性はRa80以上あるそうです。

 

こちらがリモコン!いたってシンプル。

調光可能LEDリモコンビームテック

 

 

■主な仕様

  • 型番:LB18269W2C-B-WIFI
  • メーカー:ビームテック
  • LED電球 リモコン操作
  • 口金:E26
  • 明るさ:600lm~800lm(40W~60W相当)
  • 照射角度:330°
  • 消費電力:9W 電圧:AC100V (50/60Hz)
  • 色温度:電球色 2700K 昼光色 6500K
  • 全光束:電球色(850ルーメン)  昼光色(900ルーメン)
  • 演色性:Ra80以上
  • 調色機能:有(リモコン操作)
  • 設計寿命:(約)40,000時間

 

 

■部屋と設置箇所

対象の部屋はリビング・キッチンで広さは14畳程度、

調光可能LEDは赤丸部分に7個設置しています。

それ以外の箇所は60W相当のパナソニックの昼白色のLED電球が5個設置しています。

調光可能LED電球レビュー間取りの紹介 LB18269W2C-B-WIFI

 

それでは、実際の写真を貼っていきたいと思います!

 

明るさ100%(すべての照明をON)

部屋の照明をすべて付けた状態で検証。

 

昼白色

調光LED電球明るさレビュー昼白色

ちょうど良い明るさでほんのり温かみのある、まさに我が家が求めていた照明です!

 

昼光色

調光LED電球明るさレビュー昼光色

昼光色なので青みがかっています。

ちょっと寒い感じを受けますね。

 

電球色

調光LED電球明るさレビュー電球色

温かみがある明かり。

キッチンが明るい昼白色なので両方つけるとバランスが絶妙に微妙。

 

 

明るさ100%(調光LED電球のみ)

調光LEDのみで検証。キッチンと天井の照明は切っています。

 

昼白色

調光LED電球明るさレビュー昼白色

やはりキッチンの明るさは重要なようです。あと天井もやや暗め。

でもほんのり温かみがあるのは良いです。

 

昼光色

調光LED電球明るさレビュー昼光色

昼光色MAXではかなり青さがでます。寒い感じです。

 

電球色

調光LED電球明るさレビュー電球色

電球色MAXはかなりオレンジがかって温かい印象になります。

 

 

4個で検証/明るさ100%(調光LED電球のみ)

7個から4個に減らして調光LEDのみで検証。

 

昼白色

調光LED電球明るさレビュー昼白色

やはり暗いですね。

天井とキッチンをつければなんとか問題はないといったところ。

 

昼光色

調光LED電球明るさレビュー昼光色

昼光色は青みがかっているからか若干明るく感じます。

 

電球色

調光LED電球明るさレビュー電球色

落ち着いた雰囲気のお部屋にしたいなら電球色は4個でも良いかもしれません。

 

 

明るさ最小(調光LED電球のみ)

調光LEDのみの最小の明るさを検証

 

昼白色

調光LED電球明るさレビュー昼白色

最小は豆電球くらい暗くなります。

就寝時なども一つの電球でまかなえるので調光機能はやっぱり便利ですね。

 

昼光色

調光LED電球明るさレビュー昼光色

昼光色の最小はちょっとホラーな雰囲気に><;

 

電球色

調光LED電球明るさレビュー電球色

寝るときはこれですね!

 

 

検証動画

 

 

おまけ

電球色MAXの状態に、キッチンカウンターのペンダントライト(電球色)を付けてみました。

簡単にバーみたいなおしゃれな雰囲気になります。やっぱり調光付きは良いですっ。

調光LED電球明るさレビュー電球色でムーディーな雰囲気に

 

 

まとめ

明るさは、全開でもまぶしいという感じはなく、ちょうど良い明るさに感じました。

我が家はこれで満足ですが、もっと明るさを求める方は個数を増やしても良いかもしれません。

また、7箇所に設置した効果もあり部屋のすみずみまで明るいのがGOODです。

自由に角度を調整できるのも良いです。

 

照射角度が330度あるので天井もそこそこ明るく照らしてくれました。

ただ、天井の照明を切るとそれなりに部屋全体も暗く感じるので

高い天井の場合は専用に用意した方がよさそうです。

 

光色は、深い電球色から青みがかった昼光色までかなり広い範囲をカバーしていました。

無断階で調整が可能なので絶妙な調整が可能なのはすばらしい。

 

我が家は↓こんな感じに若干電球色よりの昼白色明るさ100%がジャストな調整。

勾配天井の照明はダクトレール(ライティングレール)の写真

 

いや、本当に調光機能はあってよかったと心から感じました。

2万円ちょっとでこの環境が手に入れられるのであればかなりコスパは高いと思います。

もちろんライティングレール自体の設置費はかかりますが、新築時であれば差額を頑張って払えばすみます。

(ライティングレール自体はそんなに高価なものではありませんが工事費は要確認です)

 

あとはどれくらいもつか・・・ですね!

これはまたご報告したいと思います。

 

追伸:2年経過しましたが1個交換しました。それ以外は今の所元気に働いています。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご参考になれば幸いです^^

 

 

↓↓↓今回レビューした商品はこちら

 



関連外部コンテンツ