前記事はこちら

 

今回は前回に続き、プロジェクターを探していきたいと思います。

5.1chホームシアター選びの記事はこちら

 

まずは構成のおさらい。

 

シアタールーム設計図

パイオニアのホームシアター5.1chスピーカー(HTP-S363)構成図

 

 

ホームシアター用のプロジェクターを探すポイント

 

スクリーンサイズと投影距離

大きいスクリーンに投影するためには、

プロジェクターをスクリーンから遠ざける必要が出てきます。

我が家の場合、スクリーンサイズ4500×2700mmで約200インチ。

投影距離4500mm以内で、投影できる機種を選ばなければなりません。

 

これは、各メーカーから出されているシミュレーターで確認できます。

EPSON:https://www.epson.jp/products/bizprojector/simulator/

BenQ:http://projectorcalculator.benq.com/

SONY:http://www.sony.jp/video-projector/setting/

リコー:https://www.ricoh.co.jp/projector/simulator/

Acer:https://www.acer.com/ac/ja/JP/content/acer-projection-calculator

 

インチ数の自動計算サイト

シアターハウス:http://theaterhouse.co.jp/c_cgi/size/culc.php

 

投影距離が足りない時は短焦点レンズ

シミュレーションした結果、

通常のレンズでは投影距離が足りないことが判明。。

これでは、大画面にこじんまりとしか映せないことになります。

そんな場合は、短焦点レンズ機種を選ぶ必要があります。

 

HDMI対応

前回の記事で、

各機器とプロジェクターをつなぐ方法について書きましたが、

ARC対応にするならHDMIは必須です。

前回の記事はこちら

 

画素数、解像度は「フルハイビジョン対応」

大スクリーンであればあるほど、低解像度だと画質が荒くなってしまいます。

できるだけ高解像度の機種を選びたいところ。

 

各メディアの解像度は以下のような感じ。

・DVD → 720×480px

・ブルーレイ 1920×1080px(フルハイビジョン)

・4Kブルーレイ 3840×2160px

 

DVDの画質では、どうしても大スクリーンでは画質が荒くなってしまうので、

ブルーレイ以上は選びたいところ。

ただ、4Kブルーレイ対応のプレーヤー、プロジェクターは高価なので、

今回は、ブルーレイプレーヤーを買うことにします。

(我が家は、DVDプレーヤーしかありません~)

 

また、プロジェクターは画素数(パネル画素数)と解像度(対応解像度)の違いも

理解しておく必要があります。

違いは以下のような感じ。

パネル画素数→スクリーンに投影する最大画素数(大きいほど細かい)

対応解像度→プロジェクターに入力できる動画データの最大解像度

 

つまり、フルハイビジョンで見たい場合、

画素数、解像度どちらもフルハイビジョンに対応していないといけません。

どちらかが対応していないと、低い方に合わせて

画質が下がってしまうことになります。

 

台形補正機能

プロジェクターを正面に設置した場合、

設置する高さによっては、映像が台形になって投影されてしまいます。

これを補正するのが台形補正機能。

ほとんどの機種にはついているらしいですが、念のためチェック。

 

横方向の台形補正機能

こちらは、横方向の台形補正機能です。

正面に置けない場合は必須となります。

我が家は一応正面に置けそうですが、

微妙な調整ができるこの機能も欲しいところ。

ただ、この機能が付いている機種は上位機種になってきます。

 

明るさ(最大輝度)は2500ルーメン以上

いろいろ説があるのですが、暗いところなら1000ルーメン以上、

明るいところなら2500ルーメン以上必要とのこと。

昼間も見たいので2500ルーメン以上ほしいところ。

 

 

価格コムで商品を比較してみる

以下のポイントで商品を探してみました。

・HDMI対応

・画素数、解像度はフルハイビジョン以上(1920×1080px

・台形補正機能あり(できれば横方向もあり)

・明るさ(最大輝度)は2500ルーメン以上

・200インチ以上対応

・短焦点レンズ、ズームレンズ対応

・シミュレーターで投影距離クリア

・できれば有名メーカーでレビューが高評価

 

 

BenQ WXGA 短焦点プロジェクター MW632ST

価格:¥67,000前後 ★★★★☆

画素数:1280×800、解像度:フルHD対応、台形補正機能あり(横補正なし)、

3200ルーメン、1.2倍の光学ズーム機能(短焦点レンズ)、HDMI対応

 

価格コムで比較した結果、200インチで短焦点レンズ搭載だと

これが一番安かったです。

1.2倍の光学ズームにより短距離でも大きなスクリーン投影が可能です。

 

ただ、画素数はフルHD対応ではありません。

他の機能は申し分ありません。

BenQは台湾の電気製品メーカーで、プロジェクター業界では世界的なブランドだそう。

 

 

EPSON dreamio ホームプロジェクター フルHD EH-TW650

価格:¥87,000前後 ★★★★★

画素数:1920×1080、解像度:フルHD対応、台形補正機能あり(横補正もあり)、

3100ルーメン、1.2倍ズーム機能(短焦点レンズ)、HDMI対応

 

 

有名なEPSONのプロジェクター。

こちらも1.2倍ズーム搭載で、短距離での大画面を実現可能です。

しかも、フルHD対応。

そして、横補正付き。

レビューものきなみ高評価。

予算が許すならこの機種!

 

 

Acer プロジェクター 短焦点フルHD H6502BD

価格:¥71,000前後★★★★★

画素数:1920×1080、解像度:フルHD対応、台形補正機能あり(横補正なし)、

3400ルーメン、1.1倍ズーム機能(短焦点レンズ)、HDMI対応

格安モバイルPCで有名なAcer。

プロジェクターにも参入しているんですね。

こちらは1.1倍ズーム搭載で、短距離での大画面を実現可能です。

しかも、フルHD対応。

レビューものきなみ高評価。

コントラスト比が非常に高く高画質。

 

ただ、こちらも台形補正の横補正はありません。

正面から映すなら横補正はいらないんですけどね。

 

 

BenQ 短焦点 FHDプロジェクター TH671ST

価格:¥99,000前後★★★★★

 

画素数:1920×1080、解像度:フルHD対応、台形補正機能あり(横補正なし)、

3000ルーメン、1.2倍の光学ズーム機能(短焦点レンズ)、HDMI対応

 

前述のBenQプロジェクター(MW632ST)の上位機種。

フルHD対応です。

ただ、その分値段も張りますね。

 

 

商品決定→BenQ MW632ST

悩みに悩んだ末、BenQのMW632STに決定しました。

フルHDに対応していないのは残念でしたが、予算優先となりました。。

 

トータルの金額はこちら。

プロジェクター:67,000円

ホームシアター:33,000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計:100,000円

 

安くはありませんが、我が家の200インチの壁に全面投影できる

ホームシアターとしては、これがもっともローコストな組み合わせだと思います。

 

次回は、設置して試写会してみたいと思います~!

 

つづく

 

016/08/13