前記事はこちら

 

今回は実際にサブウェイタイルを貼っていきたいと思います!

 

張る場所は↓の部分。(現在はキッチンが設置されています)

サブウェイタイルを張る場所

 

 

養生をする

マスキングテープ、マスカー、新聞紙でしっかり養生!

今回はボンドなので慎重にマスキングテープを貼りました。

 

 

タイルボンドを塗ってタイルを貼っていく

最初は要領が分からないので、おそるおそるタイルボンドを壁に塗って伸ばしていきました。

思ったより、伸びが良くきれいに塗れます。

 

↓ ↓ ↓ 使ったタイルボンド

(楽天リンク)

 

ボンドヘラをつかってきれいに均等に塗れたら、上からタイルを貼っていきます。

ボンドはけちらずにしっかり塗った方が良いです。

ただ、塗りすぎると目地の隙間にはみ出てくるので注意が必要><;

サブウェイタイル タイルボンド貼り方

 

あとは、タイルをきれいに、きれいに、几帳面にはっていくだけ・・・

ガタガタやないかーーーい><;;

サブウェイタイルDIY成功レビュー並行を意識

 

 

並行を常に意識しないと、気づくと斜めになってしまいます。

1段ごとにミリ単位の微調整をしていきます。

サブウェイタイルDIY平行に貼っていきます

 

 

目地の隙間の調整にはサシガネを使いました。

サシガネの厚さがたまたま2mmだったのでラッキーでした。

ただ、これを使ってもなぜかだんだん斜めになっていくんですよね^^;

サブウェイタイル 目地作り方

 

だいぶ進んできました。

慣れるとスピードも上がってきます、が油断は禁物です。

サブウェイタイル 施工方法

水平もですが、表面の凸凹も常に平らになるように

トントンペタペタしながら進めていきます。

 

 

サブウェイタイルをカットする

ついにやってきました。

一番の難所。タイルカット!!

 

まず、タイルカッターの使い方・・・

サブウェイタイル カット方法

分かります?

音叉みたいな不思議な形。

 

動画を見て見よう見まねで試行錯誤を繰り返し10枚くらい失敗して

ようやく、タイルの傷の入れ方や、割る時の力加減が分かってきました。

最初に言っておきますが、これはタイルカッターというよりは、

タイルかち割りと呼んだ方が正しいと思います。

 

 

その1.タイルの表面に切り込みを入れる

サブウェイタイル カット方法 切り方

サイズを測ってカットする部分に切り込みを一直線に入れます。

鉛筆や消しやすいペンで線を入れておいてもよいです。

 

ギギギギ…という感じでしっかり切り込みをいれていきます。

 

切り込みが浅いと何回か引くことになりますが、

その際、切り込みがずれて何カ所も入らないように注意が必要です。

失敗して斜めに割れることがあります。

 

最初タイルカッターでタイルを少しずつ切っていくのかと思っていましたが、

表面に傷をつけるのが精一杯。

切り込みというより傷に近いです。

ただ、この傷がまっすぐ割るのにとても大事になんですね~。

 

 

その2.タイルをタイルカッターで挟んでテコの原理で割る

タイルを裏にしてタイルカッターで抑えます。

その際、面積が狭い方の端を抑えた方が成功率が上がります。

サブウェイタイル カット方法 割り方

切り込み部分に気を集中して ←ここ重要

フンッ」と赤丸の部分に体重を一気に均等に乗せて下に抑え込みます。

 

 

 

パリッ

とまっすぐ割れたら成功です!

サブウェイタイルタイルカッター割り方

 

成功すると、感動するくらい静かにきれいに一直線に切れます。(割れます)

サブウェイタイルタイルカッター割り方使い方

 

断面はこんな感じ。

サブウェイタイルタイルカッター割り方使い方断面

 

これをパズルのように組み合わせて完成!

半日くらい放置ししっかり乾かします。

サブウェイタイル 側面貼り終わり

もし、目地にボンドがはみ出て目地が深く入らなそうな部分があれば

乾く前にボンドをとっておいた方がよいです。

乾くとボンドの除去は困難を極めます。

 

 

目地材を作る

ここからは簡単です。

目地材を水と混ぜて作るタイプのものであれば、ここで作ります。

 

↓ ↓ ↓ 使ったINAXの目地材。

この目地材は、油汚れ防止材が入っていました。

キッチンは油が飛んだり汚れやすいのでメンテナンス性が良いのがいいですね!

 

目地材はそんなに量は必要ではないので洗面器や、捨ててもよいボウルなどで作ればよいと思います。

(こんな写真しか残ってない。。)

サブウェイタイル目地材まぜ方

 

 

目地を埋めて仕上げ

これを目地に埋めていきます。

注意点としては、埋めたつもりが表面だけで奥まで入り込んでいないことがあります。

多めに塗って押し付ける感じで埋めていくと良いと思います。

 

一通り埋め終わったら、水をしぼったスポンジで水拭きしていきます。

気持ち良く目地が落ちていき、きれいになります。

 

これで終わりでもいいのですが、そのままだと余分な目地が取り切れていない場合があるので

↓こんな感じで目地を指で軽くなぞり余分な目地材を取り除いていきました。

指は多少濡らしておくと滑らかな仕上がりになります。

これをすると、目地幅がひと回り細くなり引きしまった印象になります。

サブウェイタイル目地埋め方

 

 

最後にウェスなどで拭き上げたら完成です!!

サブウェイタイル目地施行例

 

 

さっそく、フックを強力両面テープでつけてみました!(100均です)

サブウェイタイル100円ショップ

 

 

カウンター部分にもタイルを貼りました。いいカンジ!

サブウェイタイルカウンターキッチン

 

サブウェイタイルのおしゃれキッチンの完成です!

サブウェイタイルDIY完成

その他、大変だったところ

 

コーナーはかなりの難所でした。

小さいパーツを組み合わせないといけませんでした。

小さなパーツを作るのはタイルカッターは苦手です。

サブウェイタイル施工難しい

(コーキングは家全体を業者が施工してくれた時にここもしてくれました)

 

 

コンセント部分も何度も失敗しました><

ただし、タイルに合わせて設計したのでタイルのカット数は極力抑えられたと思います。

サブウェイタイルコンセント

 

あと、建築士さんの助言で側面の上の部分に見切り板をつけることにしました。

施工もしやすいですし、手入れや見た目もいいと思います。

ちなみに、見切り板は自分たちで白ペンキで塗りました^m^

サブウェイタイルDIY見切り板

 

 

素人でもローコストでこんなおしゃれなキッチンが作れることが分かりました。

ぜひ興味ある方はトライしてみてください!

 

2016/07/16