前記事はこちら

 

こんなおしゃれなキッチンがある家に住みたい!!

サブウェイタイルおしゃれキッチン施工事例

 

サブウェイタイル特有の施工方法もあるかもしれないので、

それも含めていろいろついでに聞いてみました。

お店のホームページのQ&Aも参考になると思います。

 

サブウェイタイルの施工方法についてQ&A

1.サブウェイタイルをきれいに割る良い方法はありますか?

サブウェイタイルを半分にカットする場合は、「押し切り」と呼ばれるタイプのタイル切断機があると便利です。

 (Amazon)

比較的やわらかいタイルなのでこれ以外のタイルカッターでもカットは可能ですが、

初めての場合や枚数が多い場合だと切断機の方が作業がスムーズです。

 

サブウェイタイルは柔らかい方なんですね?

触った感じ普通に固いんですけどね^^;

ただ、押し切りなんて二度と使わないだろうし、もっと安いのないかなと探してたらこちらを発見。

 

その名もタイルカッター。

 (Amazon)

 

安い、難しそう、安物買いの銭失いになりそうな予感も・・・。

でも、これにします!

結果使えたのであとで記事にしたいと思います。

 

 

あと、DIYをされる方には定番アイテムだと思いますが

個人的に便利だったのは曲尺(かねじゃく)。

カッターでひっかくときに、ステンレス製の丈夫な定規が必要でした。

直角も測れるのでお役立ちアイテムです。

 

 

2.サブウェイタイルを貼るボンドでおすすめの商品はありますでしょうか?

弊社で推奨する接着剤は特にございませんので、

屋内でしたらホームセンターで売られている一般的なタイル用接着剤で施工可能です。

(コンクリートの躯体に直接貼る場合は、硬化後に弾力を持つ弾性接着剤での施工がおススメです)

 

ほとんどの新築住宅はプラスターボード(石膏ボード)だと思います。

いろいろ探して、これにしました。

タイルや壁が白いので、合わせて白にしました。

(濃い色はタイルの表面についたり、はみ出だ時にうまくカバーできないと目立ちます)

 


(楽天リンク)

 

 

3.サブウェイタイルは直接石膏ボードに貼っても大丈夫でしょうか?

石膏ボードへのタイル施工も可能です。

ボード表面のホコリを除去して、よく乾燥させてから施工を行って下さい。

ただし、水周りや常時湿気の多い場所、ボード表面に凹凸や紙の剥がれがある場合は下地処理を行うか、

耐水合板等に張り替えることをおススメいたします。

 

キッチンなのでめちゃくちゃ水回りなんですけど・・・^^;

ただ、これは建築士さんに確認したところ、

使用しているプラスターボードは特に問題ないということだったので

下地材はなしにします。

 

 

その他必要なもの

・ボンドをぬるヘラ(クシ目ヘラ、ボンド用ヘラ)

先がギザギザのへらでタイルボンドを塗ります。

厚さが均一に塗れるのでこれは重要。

近くのホームセンターにも売ってました。

 

 

・目地材

これは見た目にも影響するのでかなり重要ですね。

サブウェイタイルは真っ白なのでグレーや黒などがおすすめです。

わたしはいろいろ探して、こちらのキッチン汚れ防止材入りの目地材にしました。

 

・目地材グッズ

・目地材を混ぜる容器(バケツなど)

・目地材をふき取るスポンジと水を入れる容器

・水をふき取るウェスなど

 

・養生材、消耗品

これは塗り壁DIYと同じですが、ほぼほぼ必要だと思いますので書いておきます。

マスキングテープや、マスカーテープ、ビニール手袋、ウェスなど

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モノタロウ 布コロナマスカー(布マスカーテープ)1100mm×25m 1100m…
価格:226円(税込、送料別) (2017/11/4時点)

 

ウェスははぎれのTシャツなどで十分ですが、

わたしみたいな下手な人ほどたくさん使うので意外と便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒペン 白ウエス(リサイクル生地) 2kg (RW-2000)
価格:929円(税込、送料別) (2017/11/4時点)

 

 

次回は、実際に施工していきたいと思います!

 

つづく・・・・

2016/06/05