3月を最後にブログの更新をまったくやめてしまっておりましたが、

この度、無事に我が家が完成しましたことをここにご報告させていただきます。

 

言い訳になってしまいますが、

もう何度も書いているとおり我が家は分離発注方式を採用しておりまして、

フローリング材から、屋根材、業者選びにいたるまで

すべてに関わってきました。

本当に本当に時間がかかりました・・・。

 

寝ても覚めても、途方もない種類の建材や、建具の選定。

業者との面接、月末には業者への支払いと、

住宅ローンの残高とのにらめっこ・・・。

少しでも、ブログを書きたかったのですが、その余裕はありませんでした。。。

 

しかし、その甲斐もあり、ローコストで理想通りの我が家を

手に入れるにいたりました。

 

これから、その奮闘劇を少しずつご紹介していければと思います。

すでに引き渡しはうけておりますが、

今もなお壁塗りや外構DIYなど週末はまだまだ家造りの日々が続きそうです。

 

最後に、今言えることを一つだけ言っておきたいと思います。

分離発注・・・これはすごいです。

本当に家の原価が分かります。

木材、梁、柱、外壁、屋根、

システムキッチン、ユニットバス、トイレ、窓、フローリング、

建具、スイッチ、コンセント・・・・・・

その原価がすべて一目瞭然です。

オール施主支給と言っても過言ではありません。

 

そして、その価格には本当に驚いてしまいます。

こんなに安くで仕入れられるんだ・・・・・・

ネットの格安をうたう卸問屋よりも数割安いのですから。

(たまたま今回紹介してもらった業者が激安だったのかもしれませんが。)

 

世間のHMのマージンがどれだけ高いか、

どれだけ、世の中の多くのHMは

利益を確保するために、ほんのひとすくいの建材しか選べないか。

どこまでしゃべっていいのか分かりませんが

可能な限り隠すことなく、公開していきたいと思います。

 

あわせて分離発注のデメリットも見えてきました。

時間はかかると思いますが、最後まで書き上げあげたいと思っています。

また、しばしお付き合いのほどよろしくお願い致します。