来客用にコンパクトな布団を探していました。

正しくは、来客時に自分が寝る布団です^^;

 

いろいろ、探していると結構あります。○スリーパーとか有名ですね。

 

最初はそちらも検討していたのですが、

しかし、予算の都合上、良い物は高い!!

そんな中で目についたのが、エアーマット。

会社でエアーマット使っていたのもあり特に嫌なイメージもありません。

外でも使えますしね!(自分だけだしね。。)

 

というわけで、買ったのがこちら

 

Colemanイージーフォールディングキャンプマット

 

なんと、12等分に折って超コンパクトにしまえます。

結構探したのですが、折ってコンパクトにしまえるのは、この商品だけでした。

(予算、5000円前後で^m^)

 

今年の新製品(?)らしく、レビューも悪くなく

キューレーター(キュレーション?)付きで、半自動で空気が勝手に入り込む優れもの!

 

厚さはいろいろレビューでみたところ、5cm以上あると結構寝心地いいみたいですね。

以前使っていたのがこちらの4cmのタイプでした。確かに床あたりはしていたんですね。

 

 

なので、できれば5cm以上を!!

と探していたのですが、結構お値段します。

 

それなら、せめて、コンパクトだったら許せる!!

ということで、これになりました。

3.8cmなので、0.2mm薄くなっちゃっいましたが大丈夫でしょう!きっと。

 

お値段は、4800円位でしょうか。

前のとそんなに変わりません。

 

そして、今日届きました!

さっそく、開封レビューをしていきたいと思います。

 

Colemanイージーフォールディングキャンプマット開封レビューColemanイージーフォールディングキャンプマット開封レビュー

 

材質はこんな感じ。

 

Colemanイージーフォールディングキャンプマット開封レビュー

  • 生産国:中国
  • サイズ:使用時/約183×61×3.8(h)cm、収納時/約35×32×9(h)cm
  • 重量:約1.3kg
  • 素材:ポリエステル、PUフォーム

下のタイルが50cm×50cmです。

まずまずのコンパクト!いいです!

PUフォームは、断熱材でも出てきた、発泡ウレタンのことのようです。

こんなところでも!

 

DSC_0504DSC_0505

 

半分広げてみました。

 

DSC_0506

 

さらに、広げてみたところ。

中のマット(ウレタンでしょうか?)が圧縮されている状態です。

長さ183cm、幅61cmとなっています。

裏はグレーになっていますが、表と同じような手触りで、滑り止めなどはついていません。

ちなみに、手触りはポリエステルのカサカサしたような感じです。

 

DSC_0509DSC_0507

 

空気を入れていきます。

 

バルブを緩めると「シューーーっ」と勢い良く空気が・・・・・

 

DSC_0511

 

5秒くらい入って止まりました・・・

 

40分後・・・・・・・・

 

まあまあふらんできました。

3cmくらいはあるようです。中のマットが復元力で元の厚さにもどったようなイメージ。

 

1444540847603            DSC_0517

 

空気を入れていきます!

先ほどの、バルブから息を入れていきます。

そんなに、時間はかからずマンパイになりました。

結構パンパンにしすぎたかも^^;

好みの厚さで止めればよいですね。

 

DSC_0522  DSC_0521

 

厚さはスペック通り4cm弱。

ちょっと入れすぎかもしれませんが、2つに折れません。

収納もこれでは無理そう。

 

DSC_0525DSC_0526

 

寝心地は・・・・

あれ?意外といいかも。

空気をパンパンに入れたので底づきはしない模様。強く押したら当たります。

4cmと同じくらい?

 

ただ、思わぬメリットを発見。

この区画が分かれているおかげで、体重を一部にかけても

そこだけが変形するだけで、全体は変形しません。

フィット感が良いような気がしました。(私感です)

普通のマットだと、一箇所に荷重をかけると、そこを中心に全体が傾斜しますが、

それがありません。

 

溝部分は、個人的にはあまり気になりませんでした。

総合的には、寝心地は4cmのものとあまり変わらないでしょう。

ただし、コンパクトにしまえる点は断然こちらが上です。

よって、値段がほぼ変わらないのであれば、私はこちらに軍配があがると思いました。

一流メーカーColemanのロゴもかっこいいですしね^m^

 

DSC_0523DSC_0519

アマゾンのリンクを貼っておきます。

もし、この記事が参考になりましたらポチいただければ嬉しいです。

 

以上、Colemanイージーフォールディングキャンプマット開封レビューでした。