壁紙どうしよう~~~

 

柄や色、機能や手触り、似たような壁紙がたくさんありますよねー。

我が家はこだわる派(優柔不断派)、とても悩んでいます。

 

それこそ、カタログを2冊もらったその後何日間かは

楽しくワイワイ選んでいました。

その後、素材や手触りにこだわるようになり、

ショールームにいったり、無料サンプルを集めたりしていると

だんだんわけわからん状態に陥ってきました。。。

 

最近は繋ぎ目が目立たない壁紙の選び方・・・なんて検索しています。

 

そこで、行き着くのは消去法・・・。

選ぶ優先度を決めて絞りこんでいくしかありません!

自分の頭を整理するためにも、このまとめを書きたいと思います。

 

■全体のベースの壁紙

1.テーマ:北欧風ナチュラルカントリー+遊び空間

2.色:白

3.繋ぎ目:目立たない

4.柄:シンプル

5.手触り

 

■キッチンの壁紙

1.テーマ:北欧風ナチュラルカントリー+遊び空間

2.色:白

3.柄:木目(立板風)

4.手触り

 

■洗面・トイレの壁紙

1.テーマ:北欧風ナチュラルカントリー+遊び空間

2.色:落ち着いた色

3.柄:木目(立板風)またはレンガ

4.手触り

 

■寝室の壁紙

1.テーマ:北欧風ナチュラルカントリー+遊び空間

2.色:落ち着いた色

3.繋ぎ目:目立たない

4.柄:細かい格子(縦や格子柄は繋ぎ目が目立たないらしい)

5.手触り

 

■土間の壁紙

1.テーマ:北欧風ナチュラルカントリーカフェ+遊び空間

2.色:明るい

3.繋ぎ目:目立たない

4.柄:縦線または格子

5.手触り

※1面はプロジェクター投影機能付き

 

■ロフトの壁紙

1.テーマ:ログハウス

2.色:落ち着いた色

3.柄:木目(丸太、立板)

4.手触り

 

■押入れの壁紙

1.テーマ:遊び空間

2.色:明るい

3.柄:見ておもしろい壁紙

 

こんな感じかな~。

 

整理すると、全体的に共通として言えることは、

広いところほど、繋ぎ目が目立ちにくくシンプルであること、

狭いところほど、見た目と手触り重視であること。

 

繋ぎ目が目立ちやすい柄は、柄が大きく複雑なものらしい。

柄が目立つ塗り壁などは避ける。

 

あと、木目調やレンガ調はとってもおしゃれなんですが、

あまり多用すると、フェイクすぎて残念感というか頑張ってる感がにじみ出てくる気がして・・・

ワンポイントとか遠目でしか見ない部分(天井とか梁とか)に使いたいと思います。