前回はこちら

 

WEB内覧会「リビング」編のつづきです。

WEB内覧会のすべての記事は→こちら

 

間取り的にはこの部屋になります ↓↓↓

WEB内覧会間取りリビング

 

 

ロフトも開放感アップに利用する

 

部屋に見えない部分があると、

想像力により空間に広りを感じる効果があるんだそうです。

その効果をロフトに使ってみました。

 

いかがでしょう?感じます??

WEB内覧会リビングロフト

 

いずれにしても、

小さくて暗いロフトでは、せっかくのリビングの開放感が台無し!!

ロフトを作るからには、ロフトにも開放感がほしい~。

ある程度の高さと、寝ることができるような快適なスペースにできるのが理想~

 

 

天井を高くするために、屋根の勾配角度を上げる

 

というわけで、どれくらいの高さまでOKなのか?

建築士さんに相談してみました。

 

ご回答としては、

勾配角度によって限界があるということでした。

なるほど!

てことは、屋根の勾配って自由に変えられるってこと?

 

建築士さん曰く、あんまり急にすると足場を組まないといけなかったり、

職人さんたちの作業がスムーズにできなくなるので、上げても4.5度くらいが妥当なんだとか。

この角度がローコストハウスの屋根勾配最大角度ということでしょうか・・・。

(建築士さんは大工さんたちの作業のしやすさや、効率、ご機嫌を常に気にされております)

 

そこで、計算した立面図が先程のこちら。

 

立面図2階の高さ勾配天井

 

勾配角度を4.5度にすると、ロフトの高さは1,900mmになるということが分かりました。

(左上の4.5が勾配角度になります)

1.9mあれば中央は立てるのでいい感じ!

多少角度がある方が外観も北欧っぽいしね~

値段もそのままでOKということなんで、これでお願いしました。

 

かくして、我が家のロフトの天井高は1.9mに。

それが決まると、おのずとリビングの天井高は4.5mに決定。

 

 

その結果・・・

 

天井が高く勾配天井になっていることで、

広がりや奥行きを感じる、遊びごころある空間になりました!

 

パーティーの時は↓こんな感じに運動会の旗みたいにしたり

リビング吹き抜け誕生会旗

 

心が病んだ時はロフトから遠くを眺めたり~

WEB内覧会リビングからロフト

 

ボルダリングも付けようかとこっそり思ったり・・・

 

ちなみに、ロフトからはこの大きなFIX窓から

外の世界を眺めることができるということを発見。これは計算外!

WEB内覧会リビングロフトからの眺め

 

ただ、ロフトからリビングを見下ろす とかなり高いですね。

落ちたらやばいのは誰が見ても明らかです。

転落防止策は考えたいと思います。

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご参考になれば幸いです^^

 



関連外部コンテンツ